富士屋不動産TOP > 株式会社富士屋不動産のブログ記事一覧 > 借地権はお嫌いですか?

借地権はお嫌いですか?

≪ 前へ|中古一戸建て住宅購入時のポイントと注意点⑦一戸建てのリフォーム費用について   記事一覧   借地権の更新料を加味した資金計画について|次へ ≫

借地権はお嫌いですか?

カテゴリ:借地権について

所有権の物件では手が届かない・・・でも、借地権物件であれば購入出来るかも♪



借地権・・・「自分のものにならない」というイメージが先行し、抵抗がある人も多いようですが、借地権付きの物件は、初期費用や月々の住宅ローンの支払いを抑えることで、所有権物件では手が届かなかった立地や広さの住宅が購入可能になります。
富士屋不動産では、お客様が借地権に対してご理解頂けるよう資料をご用意しました。この資料には掲載されていない事例もありますので、ご不明な点などがありましたら、お気軽にご相談下さい。

旧法借地権

借地期間が満了しても、地主側に借地を明け渡してもらう正当な理由がない限り、借地権が更新されるというもの。ここでは、旧法借地権について、ご説明します。

新法借地権

当初の借地期間が30年以上、1回目の更新が20年以上、2回目以降の更新は10年以上となっており、借地人が望めば契約は自動更新されます。

定期借地権

期間満了後に土地を更地にして地主に返還しなくてはならないのが「定期借地権」です。文字通り、期間の定めがあるのが特徴で、「一般定期借地権」では、50年以上とするのが一般的です。

借地権のメリットとは?

i.最大のメリットは、何と言っても所有権の70~80%で購入できることです。
所有権の物件と借地権の物件では、販売価格に1,000万円~1,500万円ほどの差があり、例えば所有権で5,000万円の新築一戸建ての場合、借地権であれば3,500万円で購入可能です。

ⅱ.利便性が高く、環境の良い立地が多くあります。
板橋区の地主さんは先祖代々、その土地、その地域を守っていきたいというお考えをされている方が多く、もし相続税の支払いなどで土地を手放さなければならなくなった時、どの土地を売るのか?
売却してもよい土地とは、所有している土地の中でも条件的に劣後した土地から、まず売却していくことになると思います。そうして大切に守り抜いてきた土地が、ロケーションが良く、治安もいい、利用価値の高い土地となっていくのです。

ⅲ.土地の固定資産税・都市計画税の負担がなく、登録免許税などの、購入時の初期費用も削減できます。
土地分の固定資産税・都市計画税は地主さんが負担しますので、借地人は建物分のみの負担になります。また、土地名義変更の為の登録免許税などが掛かりませんので、初期費用が削減できます。

ⅳ.ローンがギリギリの方でも広いお家が手に入る。
4,000万円の借地権つき新築一戸建ての場合、ご年収500万円ほどで住宅ローンを組むことが出来ますが、同様の物件が所有権で1,000万円UPの5,000万円の場合はご年収600万円以上ないとローンを組むことができません。

借地権のデメリットとは?

i.毎月の地代の負担、更新料の負担があります。
毎月決められた金額の地代の負担があり、また地価によって地代が変動します。一般的に地代は固定資産税評価額の3倍~5倍程と言われています。
一般的には20年毎に更新料の支払いが発生します。一般的には借地権価格の10%程度、又は地代の50~100ヶ月分と言われております。およそ100万円~300万円程度になりますので、その分の貯蓄が必要です。

ⅱ.ご売却や建替え時には、地主さんの承諾と承諾料が必須になります。
リフォーム、建替え、ご売却も可能ですが、地主さんの承諾が必要になり、その際に承諾料が発生します。
ご売却の際は譲渡承諾料(名義変更料)が必要になり、ご売却価格の5~10%程になります。

ⅲ.住宅ローンを利用する場合、所有権物件と条件が異なります。
借地権付きの物件を住宅ローンを利用して購入する場合、金融機関が限られてきます。一般的にメガバンクさんであれば融資可能ですが、ネット系は厳しくなります。
また、金融機関所定の承諾書を地主さんよりご記入頂く必要があり、地主さんによってはメガバンクさんの中でも選別されることもあります。また、火災保険は質権設定(保険証券を預け入れ)されます。

ⅳ.将来的に地主さんが変わる可能性も!?
お寺さんが地主さんの場合は殆どありませんが、個人の方の場合には、相続や底地権を売却される可能性もあります。

避ける人が多いからこそ、とても条件の良い物件に出会えるかもしれませんよ。






富士屋不動産では板橋区・北区・豊島区を中心に不動産情報を豊富に取り扱っております。
板橋区・北区・豊島区で一戸建て、マンションをお探しなら、ぜひご相談下さい。
こちらのブログをご覧頂いているお客様へ、ご家族様、ご友人様など、お住まい探しをされている方をご紹介下さい。

株式会社富士屋不動産
電話:03-5248-6228
お気軽にどうぞ

メールでのご相談はこちら

LINE@からのご相談も可能です。
友だち追加


≪ 前へ|中古一戸建て住宅購入時のポイントと注意点⑦一戸建てのリフォーム費用について   記事一覧   借地権の更新料を加味した資金計画について|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 周辺施設検索
  • 板橋区の小学校一覧
  • 豊島区の小学校一覧
  • 北区の小学校一覧
  • 売却
  • 会員バナー
  • 会員登録がお済の方はこちら

  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    会員物件数
    ロード中
  • 山本オススメ物件
  • ブログ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社富士屋不動産
    • 〒173-0005
    • 東京都板橋区仲宿48-10
    • TEL/03-5248-6228
    • FAX/03-5248-6628
    • 東京都知事 (3) 第93007号
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中
  • SSL

    本ページは、SSL技術によって暗号化し、
    入力情報を保護しています。

山本 亮 最新記事



山本 亮

住宅の設計、施工管理、建売用土地仕入れを経験した住宅のプロの目線で、お客様のお住まい探しをお手伝いさせて頂きます。また、10年前に新築一戸建てを購入し、現在はマンションに居住しておりますので、一戸建て・マンションそれぞれの良い点、悪い点など実際に住んでみて分かることなどもお伝えします。 私は代表者ですので、無責任な仕事は致しません!お一人お一人のお客様の為に責任をもって対応させて頂きます。

スタッフ情報を見る

トップへ戻る