富士屋不動産TOP > 株式会社富士屋不動産のブログ記事一覧 > 断熱等級を上げる時のコストとグラスウールの厚みと性能はどの位?

断熱等級を上げる時のコストとグラスウールの厚みと性能はどの位?

≪ 前へ|加湿器を新調/ミスナール式で体感温度を計算してみました。   記事一覧   一戸建てはなぜ寒い?暖かくする方法ありますよ④お日様を有効利用しましょう|次へ ≫

断熱等級を上げる時のコストとグラスウールの厚みと性能はどの位?

カテゴリ:新築住宅購入時のポイント

一戸建て住宅において一般的に使用されているグラスウール断熱材ですが、旭ファイバーグラス社さんからグラスウール断熱材のサンプルを頂きましたので、断熱等級別に推奨される仕様と必要な厚みをご紹介します。

旭ファイバーグラス社のHPに断熱等級別に推奨仕様が掲載されておりますのでご紹介します。

旭ファイバーグラス 断熱等級別の推奨仕様例

等級7は付加断熱(壁の外側にも断熱材を施工)を行わなければならず、23区のような土地価格が高いエリアではかなりハードルが上がりますので、今回は断熱等級4未満、等級4~6を中心にご説明します。

グラスウール断熱材の性能

グラスウール断熱材

旭ファイバーグラスさんから頂いたグラスウール断熱材のサンプルです。

グラスウールの厚み

断熱材の性能を表す指標の一つである熱抵抗値(R:各断熱材の右側に記載)は、厚み(m)÷熱伝導率(λ:W/mK)で求めることができ、R値が大きいほど高性能な断熱材ということです。
※写真上のマットエースの場合、0.1m(100mm)÷0.05W/mK=2㎡K/Wになります。

〇〇Kとは密度のことで、1立方メートルあたりの重さを表しており、10Kであれば1立方メートルあたり10kgの重さになるという意味で、数字が小さい(密度が低い)ものほどコシがなく施工は楽になり、数字が大きい(密度が高い)ものほどコシがあり施工手間は掛かりそうです。

建売住宅でよく使われている断熱材はコシが弱い

マットエース10K

断熱等級4未満の家によく使われている10K100mmの断熱材です。

マットエース 潰した状態

コシがなく一度潰してしまうと、元の厚みに戻すのは難しかったです。


コシが弱いものはグチャグチャにしても施工できるので、断熱欠損ができやすく防湿層もなくなる為、壁内結露のリスクが高くなります。

断熱欠損のある施工

程々にコシがある16Kの断熱材でも、下の写真のような施工物件もあったりします。

断熱欠損のある施工2

最終的には職人さんの腕次第というところでしょうか。写真のような施工だと断熱の機能も薄まり、机上の断熱性能が担保できないどころか、室内の水蒸気が壁内部へと進入してしまうので壁内結露の要因になります。


断熱材の施工方法による性能への影響

断熱材施工方による欠損

上記表によると、良好な施工方法と押し込みすぎた施工方法とでは、2割ほど性能が落ちるようです。

36Kの断熱材

今回取り寄せたサンプルの中で最も密度の高い36Kの断熱材も潰してみました。

36K潰したところ

36K潰したあと

36K潰して戻したとき

動画も撮影しましたのでご覧ください。

コシがあるので、手で潰しても簡単に元の厚みに戻すことができましたが、コンセントボックスやスイッチプレートの厚み分だけ加工しなければならず、施工費が上がりそうです。


また、この36K断熱材は防湿シートを別に張らなければなりません。


断熱性能別の材料費を計算

断熱性能などを算出する際に使用されている自立循環型モデルプランで、断熱材別の材料費(メーカーHP記載の設計単価)を計算してみました。

自立循環型モデルプラン


外周部面積:139.48㎡、1階床下面積:62.1㎡、2階天井面積:67.92㎡


断熱等級4:589,634円

断熱等級5:672,224円(4との差額82,590円)

断熱等級6:1,172,260円(別張り防湿シート含む)(4との差額582,626円)

※工賃別、床断熱仕様、浴室基礎断熱は差額無し、玄関断熱なしで計算


一部例外もありますが、等級4未満の建売住宅においてもアルミ樹脂複合サッシを採用しているので、等級4→5へのランクアップは材料費だけの約9万円になりました。


ただし、仕入れ値(割引率)が異なるので、差額はもう少し増えると思っておいたほうがいいですね。


等級4→6との差額は約60万円ですが、アルミ樹脂複合サッシを樹脂サッシに変更、断熱材と防湿シートの施工費を考慮すると200万~300万円くらいはコストアップになると思われます。

※準防火地域の場合は防火窓にしなければなりませんので、窓のグレードアップの費用負担がかなりあります。


コストアップ分は冷暖房費で回収できる?

断熱性能を上げた際に掛かるコストアップ分を、過去のブログワンランク上の設備、仕様の高級感のある住宅】と【省エネで快適な高性能住宅】でシミュレーションした冷暖房費の削減額で割って、何年で回収できるか計算してみました。

※上記の冷暖房費の間取りも自立循環型モデルプランを採用しております。


年間冷暖房費
(4との差額)
工事費増加分
(4との差額)
回収年数
断熱等級4346,500円
断熱等級5240,240円
(106,260円)
90,000円1年
断熱等級6179,760円
(166,740円)
2,000,000円
2,500,000円
3,000,000円
12年
15年
18年
上記の計算はエアコン効率を考慮しておりませんので、実際にはもっと回収年数は伸びますが、断熱性能を上げると部屋間の温度差も少なくなり、経済効果以外のメリットも享受できます。

最後に

未だに断熱等級4未満の建売住宅が多く販売されています。

上記でご説明したように、ペラペラでコシの弱い断熱材は机上通りの性能も発揮できない可能性が強く、暖房をガンガン焚いても部屋が暖まらないことが予想されます。

2025年(令和7年)に断熱等級4は義務化が決定、2030年(令和12年)には等級5の義務化も検討されておりますので、今のうちに最低限でも等級5の家を買う、建てることをお勧めします。

性能の高い家を買いたい、建てたいと思ったら、ぜひ富士屋不動産へご連絡ください。



建売住宅の内覧時に見ておきたいポイントと注意点


併せて読んでほしいシリーズ

「断熱性能のお話し」シリーズ

富士屋不動産では板橋区・北区・豊島区を中心に不動産情報を豊富に取り扱っております。
板橋区・北区・豊島区で一戸建て、マンションをお探しなら、ぜひご相談下さい。

株式会社富士屋不動産
電話:03-5248-6228
お気軽にどうぞ

メールでのお問合せは


LINE@からのご相談も可能です。

友だち追加

インスタ始めました。


≪ 前へ|加湿器を新調/ミスナール式で体感温度を計算してみました。   記事一覧   一戸建てはなぜ寒い?暖かくする方法ありますよ④お日様を有効利用しましょう|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 周辺施設検索
  • 板橋区の小学校一覧
  • 豊島区の小学校一覧
  • 北区の小学校一覧
  • 売却
  • 会員バナー
  • 会員登録がお済の方はこちら

  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    会員物件数
    ロード中
  • 山本オススメ物件
  • ブログ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社富士屋不動産
    • 〒173-0005
    • 東京都板橋区仲宿48-10
    • TEL/03-5248-6228
    • FAX/03-5248-6628
    • 東京都知事 (3) 第93007号
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中
  • SSL

    本ページは、SSL技術によって暗号化し、
    入力情報を保護しています。

山本 亮 最新記事



山本 亮

住宅の設計、施工管理、建売用土地仕入れを経験した住宅のプロの目線で、お客様のお住まい探しをお手伝いさせて頂きます。また、10年前に新築一戸建てを購入し、現在はマンションに居住しておりますので、一戸建て・マンションそれぞれの良い点、悪い点など実際に住んでみて分かることなどもお伝えします。 私は代表者ですので、無責任な仕事は致しません!お一人お一人のお客様の為に責任をもって対応させて頂きます。

スタッフ情報を見る

 おすすめ物件


板橋区徳丸5丁目新築一戸建て全4棟

板橋区徳丸5丁目新築一戸建て全4棟の画像

価格
4,680万円
種別
新築一戸建
住所
東京都板橋区徳丸5丁目25-11
交通
東武練馬駅
徒歩18分

板橋区氷川町借地権付き新築一戸建て全5棟

板橋区氷川町借地権付き新築一戸建て全5棟の画像

価格
6,698万円
種別
新築一戸建
住所
東京都板橋区氷川町47-1
交通
板橋区役所前駅
徒歩5分

板橋区氷川町借地権付き新築一戸建て全5棟

板橋区氷川町借地権付き新築一戸建て全5棟の画像

価格
6,198万円
種別
新築一戸建
住所
東京都板橋区氷川町47-1
交通
板橋区役所前駅
徒歩5分

板橋区氷川町借地権付き新築一戸建て全5棟

板橋区氷川町借地権付き新築一戸建て全5棟の画像

価格
7,198万円
種別
新築一戸建
住所
東京都板橋区氷川町47-1
交通
板橋区役所前駅
徒歩5分

トップへ戻る