富士屋不動産TOP > 株式会社富士屋不動産のブログ記事一覧 > 結果発表!!「ガス温水式床暖房」と「エアコン暖房」の光熱費、どちらがお得??

結果発表!!「ガス温水式床暖房」と「エアコン暖房」の光熱費、どちらがお得??

≪ 前へ|M様邸の工事見学会、高断熱高気密&高耐久の家造りを見学してきました。   記事一覧   これから新築一戸建てを買う方、断熱等級4では「時代遅れの家」になってしまうかも!?|次へ ≫

結果発表!!「ガス温水式床暖房」と「エアコン暖房」の光熱費、どちらがお得??

カテゴリ:お役立ち情報
2023年 1月22日投稿
2023年 2月17日更新

昨年11月にUPしたブログ【「ガス温水式床暖房」と「エアコン暖房」の光熱費、どちらがお得か計算してみました。】のアクセスが毎日200件以上あり、昨今の光熱費の高騰の影響なのか、どっちがお得なのか気にされている方が多いようです。
●関連記事
本来は、シーズンが終わってから実際に掛かった光熱費の公開を考えていましたが、数件の方から結果を知りたいとの連絡も頂きましたので、12月、1月分だけ先行してお伝えしようと思います。
2月分も追加しました。

エアコン暖房VSガス床暖房 実際の光熱費を公開


①床暖房で暖房していた先シーズンの電気・ガスの消費量と請求額

温水式床暖房をメインの暖房器具として使用していた、2021年12月、2022年1月、2月の電気・ガスの消費量と請求額を先に見て頂きます。
※12月:11月13日~12月12日
1月:12月13日~1月12日
2月:1月13日~2月12日

電気    
2021年12月 消費量:249kWh 請求額:7,064円
2022年1月   消費量:299kWh 請求額:8,539円
2022年2月   消費量:283kWh 請求額:8,471円

ガス
2021年12月 消費量:67m3 請求額:8,842円
2022年1月   消費量:114m3 請求額:14,251円
2022年2月   消費量:105m3 請求額:14,155円

電気・ガスを合わせた請求額
2021年12月 請求額:15,906円
2022年1月   請求額:22,790円
2022年2月   請求額:22,626円

②エアコンで暖房していた今シーズンの電気・ガスの消費量と請求額

つづいてリビングにあるエアコンをメインの暖房器具として使用している、2022年12月、2023年1月、2月の電気・ガスの消費量と請求額になります。

電気    
2022年12月 消費量:279kWh 請求額:11,503円
2023年1月   消費量:430kWh 請求額:18,093円
2023年2月   消費量:440kWh 請求額:15,464円

ガス
2022年12月 消費量:48m3 請求額:9,281円
2023年1月   消費量:76m3 請求額:14,682円
2023年2月   消費量:59m3 請求額:10,534円

電気・ガスを合わせた請求額
2022年12月 請求額:20,784円
2023年1月   請求額:32,775円
2023年2月   請求額:25,998円

①先シーズンと②今シーズンとの差額は
12月は+4,878円、1月は+9,985円、2月は+3,372円
になりましたが、燃料費調整と再エネ賦課金が違いますので、今シーズンのもので再計算すると
電気    
2021年12月 消費量:249kWh 再計算額:10,326円
2022年1月   消費量:299kWh 再計算額:12,608
2022年2月   消費量:283kWh 再計算額:11,596

ガス
2021年12月 消費量:67m3 再計算額:12,485円
2022年1月   消費量:114m3 再計算額:21,078
2022年2月   消費量:105m3 再計算額:14,155

電気・ガスを合わせた再計算額
2021年12月 再計算額:22,811
(2022年12月の請求額20,784円)
2022年1月   再計算額:33,686
(2023年1月の請求額32,775円)
2022年2月   再計算額:29,416
(2023年2月の請求額25,998円)
で、今シーズンとの差額は
12月は▲2,027円、1月は▲911円、2月は▲3,418円で、エアコン暖房の方が安いという結果になりました。

先シーズンと今シーズンとで生活環境に大きな違いはありませんが、寝室に加湿器を1台追加したので、加湿器の消費電力161W×8(時間)×30日≒38Kw×40円/Kwh=1,520円となり、上の差額を足すと2,500円~4,900円の差となりましたので、こちらのシミュレーションと大きな差はありませんでした

シミュレーションより実際の消費量は多かった。

先シーズンと今シーズンとの比較で、床暖房時のガス消費量とエアコン暖房時の電気消費量を計算すると、床暖房のガス消費量は約38m3、エアコン暖房の電気消費量は約131kWhでした。

シミュレーションでは、最も寒い2月の平均気温で試算した結果、床暖房時のガス消費量は約30m3、エアコン暖房時の電気消費量が約94kWhでしたが、まだそこまで気温が下がっていない12月13日から1月12日までの実際の消費量がガス:38m3、電気131
kWhですので、シミュレーションが甘かったか間違えている可能性があります。

燃料費調整額の高騰がヤバい!

今回の計算を行うにあたり最新の電気・ガスの請求額を見て、ついに光熱費が3万円を超えた!!という驚きの方が強かったですね。

過去2年分まで遡って冬の光熱費(電気+ガス料金)を調べたところ
2020年12月 13,417円
2021年12月 15,906円(2020年同月比+2,489円)
2022年12月 20,784円(2021年同月比+4,878円)

2021年1月 19,360円
2022年1月 22,790円(2021年同月比+3,430円)
2023年1月 32,775円(2022年同月比+9,985円)

2021年2月 17,445円
2022年2月 22,626円(2021年同月比+5,181円)
2023年2月 25,998円(2022年同月比+3,372円)
何と1月分については2年間で70%も値上がりしています!!

国の負担軽減策により、1月(2月検針分)以降は一旦、光熱費の負担が下がりましたが、東京電力が国に申請している規制料金の値上げが許可されると3割前後、料金が引き上げられるそうです。

負担軽減策も9月(10月検針分)までですので、補助がなくなると1月の請求額から更に1割ほど値上がりします。

●関連記事

何度も言います!これから家を買うなら性能にも目を向けて。

我が家は南西向きの中住戸のマンションですので、この時期でも陽が差す時間帯であれば、暖房無しでも室温が22~23℃ほどになります。

また、築6年、窓はLow-Eペアガラスになっているので、そこそこの断熱性能になっていると思います。

このマンションに住む前は一戸建てに住んでいましたが、マンションへ引っ越してから光熱費が30~40%ほど安く(逆だとすると1.5倍増)なりました。

こんな環境でも月の光熱費が3万円を超えましたので、あのまま一戸建てに住んでいたとすると光熱費が4.5万円ほどになっているわけです。

子供が走り回っても叱らなくて済む、車庫代が掛からないから絶対に一戸建て!という方もおられると思います。

私も一戸建て派ですので、気持ちが分かります。

しかし、断熱性能の低い一戸建てを買ってしまうと、暖房が入ったリビングだけは辛うじて過ごすことができても、暖房のない部屋や洗面脱衣室、トイレは寒くていられません。

お子様が小さいうちはリビングと主寝室だけ冷暖房すれば良いのでしょうが、小学校高学年、中学生にもなると個室が必要になりますよね。

当然、子供部屋にも冷暖房が必要になりますので、その分光熱費も余計に掛かります。
関連ブログ

また、エアコンだけではリビングが暖まらないから、電気代が安いこたつを設置したとしましょう。

一件落着な気もしますが、こたつに入ると出るのが億劫になるので、行動範囲が狭くなります。

更に、こたつは室内の空気の温度が上がるわけではないので、冷たい空気を吸うことにより肺が冷え免疫力が低下するといわれています。

このような生活でいいなら、「広いリビングいらなくないですか?」というのが、私の意見です。

であれば、建物面積を少し減らして、性能の高い家の方が広く使えませんか?と思うわけです。

一戸建てを建てる、買う方は、ぜひ家の性能にも目を向けてほしいと思います。

そこまで、一戸建てに拘らないという方でしたら、南向き×中住戸のマンションがオススメです。

人気の最上階や角住戸は、あまり暖かくないので気をつけてください。

もっと話が聞きたいと思っていただけた方は、お気軽に富士屋不動産へお問い合わせください。


不動産売却





≪ 前へ|M様邸の工事見学会、高断熱高気密&高耐久の家造りを見学してきました。   記事一覧   これから新築一戸建てを買う方、断熱等級4では「時代遅れの家」になってしまうかも!?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 周辺施設検索
  • 板橋区の小学校一覧
  • 豊島区の小学校一覧
  • 北区の小学校一覧
  • 売却
  • 会員バナー
  • 会員登録がお済の方はこちら

  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    会員物件数
    ロード中
  • 山本オススメ物件
  • ブログ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社富士屋不動産
    • 〒173-0005
    • 東京都板橋区仲宿48-10
    • TEL/03-5248-6228
    • FAX/03-5248-6628
    • 東京都知事 (3) 第93007号
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中
  • SSL

    本ページは、SSL技術によって暗号化し、
    入力情報を保護しています。

山本 亮 最新記事



山本 亮

住宅の設計、施工管理、建売用土地仕入れを経験した住宅のプロの目線で、お客様のお住まい探しをお手伝いさせて頂きます。また、10年前に新築一戸建てを購入し、現在はマンションに居住しておりますので、一戸建て・マンションそれぞれの良い点、悪い点など実際に住んでみて分かることなどもお伝えします。 私は代表者ですので、無責任な仕事は致しません!お一人お一人のお客様の為に責任をもって対応させて頂きます。

スタッフ情報を見る

 おすすめ物件


豊島区池袋本町1丁目新築一戸建て

豊島区池袋本町1丁目新築一戸建ての画像

価格
1億1,380万円
種別
新築一戸建
住所
東京都豊島区池袋本町1丁目15-18
交通
北池袋駅
徒歩7分

グラーサ渋谷松濤

グラーサ渋谷松濤の画像

価格
1億1,480万円
種別
中古マンション
住所
東京都渋谷区神泉町24-1
交通
神泉駅
徒歩5分

加賀ガーデンハイツ

加賀ガーデンハイツの画像

価格
6,980万円
種別
中古マンション
住所
東京都板橋区加賀2丁目3-2
交通
板橋区役所前駅
徒歩8分

加賀ガーデンハイツ

加賀ガーデンハイツの画像

価格
6,580万円
種別
中古マンション
住所
東京都板橋区加賀2丁目3-2
交通
板橋区役所前駅
徒歩8分

トップへ戻る