富士屋不動産TOP > 株式会社富士屋不動産のブログ記事一覧 > 北区の特徴②~標高・液状化予測図・ハザードマップ~

北区の特徴②~標高・液状化予測図・ハザードマップ~

≪ 前へ|令和2年、巣鴨「大鳥神社」酉の市へ   記事一覧   住宅ローン減税の見直しについて|次へ ≫

北区の特徴②~標高・液状化予測図・ハザードマップ~

カテゴリ:北区の特徴
2019年11月10日投稿
2020年12月 5日更新

北区の特徴②~標高・液状化予測図・ハザードマップ~




本日は北区の標高や液状化についてご紹介させて頂きたいと思います。

北区は武蔵野台地と呼ばれる高台の立地と荒川低地と呼ばれる低地に分かれております。
JR京浜東北線の西側が武蔵野台地側、東側が低地になり、京浜東北線の下り電車で左側がみると崖になっているのが分かりますよ。


国土地理院 デジタル標高地形図




青みが強いほど標高が低くなっています。北区は武蔵野台地の端っこになり、台地側と低地側とでは液状化にも影響があるんです。

続いて環状七号線「大和町」交差点から「隅田川」までの断面イメージ図をご覧ください。

環七 北区断面図


縦横比50:1(国土地理院地図参照)

環七と中仙道との交差点「大和町」地点の標高は約26m、埼京線との交差地点で約19m、京浜東北線との交差地点で約8m、国道122号線との交差点「宮堀」では約2mになります。


続いて液状化予測のご説明になります。

液状化予測図



標高地形図とリンクするように低地側は液状化の可能性が高い地域になります。

如何でしょうか?





富士屋不動産では板橋区・北区・豊島区を中心に不動産情報を豊富に取り扱っております。
板橋区・北区・豊島区で一戸建て、マンションをお探しなら、ぜひご相談下さい。
こちらのブログをご覧頂いているお客様へ、ご家族様、ご友人様など、お住まい探しをされている方をご紹介下さい。

株式会社富士屋不動産
電話:03-5248-6228
お気軽にどうぞ

メールでのご相談はこちら

LINE@からのご相談も可能です。
友だち追加


≪ 前へ|令和2年、巣鴨「大鳥神社」酉の市へ   記事一覧   住宅ローン減税の見直しについて|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 周辺施設検索
  • 板橋区の小学校一覧
  • 豊島区の小学校一覧
  • 北区の小学校一覧
  • 売却
  • 会員バナー
  • 会員登録がお済の方はこちら

  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    会員物件数
    ロード中
  • 山本オススメ物件
  • ブログ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社富士屋不動産
    • 〒173-0005
    • 東京都板橋区仲宿48-10
    • TEL/03-5248-6228
    • FAX/03-5248-6628
    • 東京都知事 (3) 第93007号
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中
  • SSL

    本ページは、SSL技術によって暗号化し、
    入力情報を保護しています。

山本 亮 最新記事



山本 亮

住宅の設計、施工管理、建売用土地仕入れを経験した住宅のプロの目線で、お客様のお住まい探しをお手伝いさせて頂きます。また、10年前に新築一戸建てを購入し、現在はマンションに居住しておりますので、一戸建て・マンションそれぞれの良い点、悪い点など実際に住んでみて分かることなどもお伝えします。 私は代表者ですので、無責任な仕事は致しません!お一人お一人のお客様の為に責任をもって対応させて頂きます。

スタッフ情報を見る

トップへ戻る