富士屋不動産TOP > 株式会社富士屋不動産のブログ記事一覧 > 板橋区の特徴⑧~【東京被害想定マップ】で震度分布や液状化危険度を確認しましょう。

板橋区の特徴⑧~【東京被害想定マップ】で震度分布や液状化危険度を確認しましょう。

≪ 前へ|2023年4月からフラット35の制度が改正、省エネ基準への適合が必須になります。   記事一覧   板橋区の土地、高く売るなら解体工事費の助成金制度がオススメです。|次へ ≫

板橋区の特徴⑧~【東京被害想定マップ】で震度分布や液状化危険度を確認しましょう。

カテゴリ:板橋区の特徴
東京都は、令和4年5月25日に公表した「首都直下地震等による東京の被害想定」の内容に基づき【東京被害想定マップ】を作成しました。

東京被害想定マップ】では、都心南部直下地震、大正関東地震など想定される地震ごとの震度分布、液状化危険度、建物全壊棟数想定などを閲覧することができます。

「首都直下地震等による東京の被害想定」における板橋区の被害想定をまとめた記事はこちら

タグ 中古一戸建て 中古マンション #売地 #ハザードマップ #首都直下地震 #新築住宅購入時のポイント #新築一戸建て
2023年3月31日投稿
吹き出し左側用のアイコン

この記事を書きました代表の山本です。

家を買うことがゴールになってませんか?買った後に後悔しないよう気を付けたいポイントなどを日々ブログで発信しております。

板橋区・北区・豊島区を中心に不動産売買の仲介を行っておりますが、営業外のエリアでもご対応させていただくことも可能ですので、お気軽にお問合せ下さい。

板橋区の土砂災害ハザードマップ、首都直下型地震の被害想定などを公開していますので併せてご覧ください。

東京想定被害マップ 板橋区周辺の想定震度は

東京想定被害マップ 板橋区周辺

※地図:東京想定被害マップ

都心南部直下地震が発生した際、板橋区周辺においての想定震度は震度6弱~6強となっています。

より詳しく見たいという方は、上にあるリンク【東京被害想定マップ】をご覧ください。

こちらのマップと【J-SHISマップ(地盤増幅率)】を併せて見ると、ご自身の住まわれているエリアの震度や揺れやすさが分かりますよ。

液状化危険度ランク

【東京想定被害マップ】では、震度分布のほかに液状化危険度ランクも閲覧することができます。

板橋区 東京想定被害マップ液状化版

※地図:東京被害想定マップを元に作成

液状化PL値


弊社においては、これまで液状化に対してのご説明は、東京都建設局の【液状化予測図】を使ってお知らせしておりましたが、東京都建設局のものとは大分異なるんですよね。

東京都建設局 板橋区液状化予測図(令和3年版)

※地図:東京都建設局 液状化予測図(令和3年版)を元に作成


東京都建設局作成の液状化予測図では、板橋区内において「液状化の可能性が高い地域」はほんの一部のエリアだけでした。


ところが、泉町・大原町地区ピンポントで比べてみると、建設局の予測図では「液状化の可能性がある地域」でしたが、東京被害想定マップでは「PL>15、液状化危険度が高い」とマッピングされています。


この違いを調べてみると、東京都建設局のサイトに答えがありました。


東京都全域の地下を一律の強さで揺らした時の液状化の可能性を相対的に示したもので、首都圏直下地震など特定の地震に対する可能性を示したものではありません。」との記載がありました。


「東京被害想定マップ」は、都心南部直下地震が発生した場合の液状化予測、「東京都建設局 液状化予測図」は、都内全域を震度6弱で揺らした時の液状化予測のようです。


土地や一戸建てを買う時にハザードマップくらいは確認される方も多いかと思いますが、それ以外にも「液状化予測図」や「揺れやすさマップ」、今回ご紹介した「東京被害想定マップ」など事前に確認した方がよさそうなものがたくさんあります。


富士屋不動産においては、板橋区周辺の土地や一戸建てをご案内する際には「ハザードマップ」、「羽田空港の飛行経路マップ」、「建設局の液状化予測図」は用意しておりますが、場所によっては「東京被害想定マップ」の用意も必要になりそうです。


全ての仲介会社さんがここまで調べてくれるとは限りませんので、お客様自身で事前に確認するか、弊社のように事前に調査してくれる会社さんを探されてはいかがでしょうか。


土地や一戸建てを探す時は、今回紹介した立地面の確認だけではなく、建物そのものの性能も確認されることをお勧めします。


もちろん富士屋不動産へご依頼いただければ、全てワンストップで確認させて頂きます。


お名前とメールアドレスだけ!!
お問い合わせ


公式LINEからのご相談も可能です。

友だち追加  
フォローお願いします。



家を買うことはゴールではありません!!
住宅ローンのこと、購入時の諸費用、住み始めてからの光熱費・保険料・メンテナンス費など、住まい探しの前にお金の話をしっかりお伝えします。
不動産のことは分からないから、不動産屋に任せようはキケンです。
営業スタッフ全員が不動産、特に建築の知識がある訳ではありませんので、自分で知識を身に付けないと損をするかもしれません。

もっと話が聞きたいと思って頂けたら
株式会社富士屋不動産
電話:03-5248-6228
までお気軽にご連絡ください。


建売住宅の内覧時に見ておきたいポイントと注意点


併せて読んでほしいシリーズ

「断熱性能のお話し」シリーズ

≪ 前へ|2023年4月からフラット35の制度が改正、省エネ基準への適合が必須になります。   記事一覧   板橋区の土地、高く売るなら解体工事費の助成金制度がオススメです。|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 周辺施設検索
  • 板橋区の小学校一覧
  • 豊島区の小学校一覧
  • 北区の小学校一覧
  • 売却
  • 会員バナー
  • 会員登録がお済の方はこちら

  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    会員物件数
    ロード中
  • 山本オススメ物件
  • ブログ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社富士屋不動産
    • 〒173-0005
    • 東京都板橋区仲宿48-10
    • TEL/03-5248-6228
    • FAX/03-5248-6628
    • 東京都知事 (3) 第93007号
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中
  • SSL

    本ページは、SSL技術によって暗号化し、
    入力情報を保護しています。

山本 亮 最新記事



山本 亮

住宅の設計、施工管理、建売用土地仕入れを経験した住宅のプロの目線で、お客様のお住まい探しをお手伝いさせて頂きます。また、10年前に新築一戸建てを購入し、現在はマンションに居住しておりますので、一戸建て・マンションそれぞれの良い点、悪い点など実際に住んでみて分かることなどもお伝えします。 私は代表者ですので、無責任な仕事は致しません!お一人お一人のお客様の為に責任をもって対応させて頂きます。

スタッフ情報を見る

トップへ戻る