富士屋不動産TOP > 株式会社富士屋不動産のブログ記事一覧 > 木造一戸建ての2階や3階など最上階が暑い!!暑さ対策を伝授します。

木造一戸建ての2階や3階など最上階が暑い!!暑さ対策を伝授します。

≪ 前へ|シロアリの脅威を学ぶ~ロングライフハウスツアー②~   記事一覧   DIYで断熱二重窓とハニカムシェードを設置してみました。暑さ、寒さの原因は窓による影響が大きいのを実感。|次へ ≫

木造一戸建ての2階や3階など最上階が暑い!!暑さ対策を伝授します。

カテゴリ:お役立ち情報
2022年 6月25日投稿
2022年 6月30日更新


本来は梅雨時の6月ながら群馬県伊勢崎市では40℃を超え、東京都心でも35℃以上の猛暑日が続く毎日で嫌になりますね。

6月6日に梅雨入りが発表、6月27日には梅雨明け宣言が出て、これから約2か月間は暑さとの闘いになりそうです。

今日、お引渡しで池袋駅に自転車で行った際にサドルがあまりにも熱くて、放射温度計で表面温度を測ったところ…68.6℃!!

サドルの表面温度


その際の手元の温度計は約43℃!!

外気温

熱中症指数も33.3℃、危険と表示されています。

また、消防庁の発表によると、令和3年の熱中症による救急搬送者数約4万7千人のうち、発生場所が住居の割合は39%の約1万8千人もいるそうですので、エアコンの使用など熱中症対策を万全に行ってください。

さて、ここからが今回の本題になります。
一戸建てにお住まいの方は誰でも体験していると思いますが、2階や3階などの最上階が暑い!何か対策ないのと思われる方が多いのではないでしょうか。

暑さの対策は、窓から入る直射日光を入れない工夫を行うことです。

ベランダなどにある大きな掃き出し窓であれば、窓の外側にすだれや遮熱シートを掛けることが有効です。

特に一戸建てで窓上部に庇やバルコニーがない家の場合には有効ですので、今すぐ設置されることをお勧めします。

遮熱シート

上の写真は我が家の遮熱対策ですが、サッシ窓枠や網戸枠にフックを付けて全面シートを掛けてします。

一部のフックを網戸枠に付ければ、開け閉めも出来ますので、ぜひお試しください。

ガラス面が4枚ある窓ですので、遮熱シートの効果をサーモカメラで撮影し検証してみました。

①遮熱シートのない窓、②遮熱シートのある窓、③遮熱シートにレースカーテンを閉めた場合の3種類で測定しまおります。

遮熱シートのない窓を検証

遮熱シートのない窓

画像をタップすると拡大します
ガラス部の温度は29.8℃、枠部の温度は40.4℃、直射日光のあたる床分の温度は29.9℃でした。

遮熱シートのある窓

遮熱シートのある窓

画像をタップすると拡大します

ガラス部の温度は27.1℃、枠部の温度は32.9℃、床部の温度は26.3℃でした。

③遮熱シートにレースカーテンを閉めた場合

遮熱シートにレースカーテンを閉めた場合

画像をタップすると拡大します

レースカーテンを閉めると25.3℃、計測が終わりましたので遮熱シートを開けておいた窓も速やかにシートを掛けたところ、①時の温度より少し下がっています。

太陽光を遮蔽することにより、室内環境の向上と冷房費の削減に貢献しますので、ぜひお試しください。

腰窓であれば、後付けで設置できるスタイルシェードという商品もあります。

リクシル スタイルシェード

シャッター付きの窓にも設置できますので、西日の強いお部屋にオススメです。

階段室、トイレ、洗面室などにある小さな窓やすべり出し窓で、外付けシェードやすだれが掛けられない窓の場合、窓内側につけるハニカムシェードがオススメです。

下左の写真は弊社事務所に設置したニトリのハニカムシェードですが、こちらはコードレスで直接手で下げ下げできるので使い勝手が良いですよ。
ハニカムシェードをサーモカメラで撮影して効果を見てみました。

ハニカムシェード 熱画像

画像をタップすると拡大します
直射日光が当たる前の写真ですが、シェードの有無でガラス面では約4℃、アルミ枠部分とでは約8℃ほどの差があります。

直射日光の当たる午後にもなるとアルミ枠部分は46℃もの高温で、火傷しそうなくらい熱を持っていることが分かりますね。

ハニカムシェード 熱画像2

画像をタップすると拡大します
ハニカムシェードは暑さだけではなく、寒さ対策でも有効ですので、今から家を買う方であれば、全窓カーテンではなく、ハニカムシェード、ハニカムスクリーンの設置がお勧めです

その他、天井に断熱材を追加する方法も有効ですが、DIYで行うには危険が伴いますので専門家へ依頼されることをお勧めします。

今から新築一戸建て、建売住宅の購入を検討されている方は、天井部分の断熱材の性能を気にしてみると良いですね。

断熱性能を気にしていない物件の場合、壁と天井が同じ性能だったりします。

壁の倍の性能であればOKですので、検討物件の仕様書や矩計(かなばかり)図を取り寄せて確認してみましょう。


富士屋不動産へお住まい探しを依頼頂ければ、詳細資料を取り寄せてご説明させていただきます。



建売住宅の内覧時に見ておきたいポイントと注意点


併せて読んでほしいシリーズ

「断熱性能のお話し」シリーズ

富士屋不動産では板橋区・北区・豊島区を中心に不動産情報を豊富に取り扱っております。
板橋区・北区・豊島区で一戸建て、マンションをお探しなら、ぜひご相談下さい。

株式会社富士屋不動産
電話:03-5248-6228
お気軽にどうぞ

メールでのお問合せは


LINE@からのご相談も可能です。

友だち追加

インスタ始めました。


≪ 前へ|シロアリの脅威を学ぶ~ロングライフハウスツアー②~   記事一覧   DIYで断熱二重窓とハニカムシェードを設置してみました。暑さ、寒さの原因は窓による影響が大きいのを実感。|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 周辺施設検索
  • 板橋区の小学校一覧
  • 豊島区の小学校一覧
  • 北区の小学校一覧
  • 売却
  • 会員バナー
  • 会員登録がお済の方はこちら

  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    会員物件数
    ロード中
  • 山本オススメ物件
  • ブログ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社富士屋不動産
    • 〒173-0005
    • 東京都板橋区仲宿48-10
    • TEL/03-5248-6228
    • FAX/03-5248-6628
    • 東京都知事 (3) 第93007号
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中
  • SSL

    本ページは、SSL技術によって暗号化し、
    入力情報を保護しています。

山本 亮 最新記事



山本 亮

住宅の設計、施工管理、建売用土地仕入れを経験した住宅のプロの目線で、お客様のお住まい探しをお手伝いさせて頂きます。また、10年前に新築一戸建てを購入し、現在はマンションに居住しておりますので、一戸建て・マンションそれぞれの良い点、悪い点など実際に住んでみて分かることなどもお伝えします。 私は代表者ですので、無責任な仕事は致しません!お一人お一人のお客様の為に責任をもって対応させて頂きます。

スタッフ情報を見る

トップへ戻る