富士屋不動産TOP > 株式会社富士屋不動産のブログ記事一覧 > 一戸建てVSマンション 住みやすいのはどっち?実際に住んでみた生の声をお届けします。

一戸建てVSマンション 住みやすいのはどっち?実際に住んでみた生の声をお届けします。

≪ 前へ|「ご売却依頼の最前線」~リフォーム実施編①~   記事一覧   未完成物件でも完成イメージが出来るように・・・バーチャルモデルハウスを開設しております|次へ ≫

一戸建てVSマンション 住みやすいのはどっち?実際に住んでみた生の声をお届けします。

カテゴリ:山本のブログ

一戸建てVSマンション 住みやすいのはどっち?



お客様によく一戸建てとマンションのどちらがオススメですかと質問されることがありますが、本日は私個人の意見と感想をお伝えさせて頂きます。

一戸建てVSマンション 住みやすいのはどっち?


固定費なども考慮しながら、住み心地を重視した意見と感想です。

私は一戸建てに約10年ほど居住後、現在はマンションに居住しておりますが、結論からお伝えすると個人的には一戸建ての方が住みやすいかなと考えます。
出来れば一戸建てに住み替えたいと思っています。
※あくまでも私個人の意見です。

一戸建ての良いところ

ⅰ.駐車場、駐輪場の使用が無料、台数に制限がない。
当然ですが、自分の敷地内であれば、車や自転車を置くのに費用は掛かりませんね。
また、敷地面積、道路状況、車種や台数などにもよりますが、家族分の自転車は置くことができると思います。

ⅱ.敷地から住戸へのアクセスが便利。
敷地から玄関までのアクセスが至近ですので、帰宅時にすぐに宅内へ入ることが出来ます。
地上に近い?ので、ちょっとしたお買い物やゴミ出しなども楽ですよ。

ⅲ.各室の陽当たりと風通しがよい。
一戸建てのメリットとして、各室2面以上の窓が設置されること、また、隣棟との窓位置が重ならなければカーテンを閉めずに済むので、陽当たりや風通しが良好です。

ⅳ.家族間のプライバシーが保てる。
例えば子供部屋を3階、ご夫婦の寝室を1階にした場合、家族間のプライバシーを保ちやすいですね。
また、お風呂などの生活音も気になりません。

ⅴ.近隣住民に対して足音や生活音などの配慮をする必要がない。

一戸建ての悪いところ

ⅰ.冬場の1階は寒く、夏場の最上階は暑い。
冷たい空気は下に暖かい空気は上に行きますので、どうしても1階は寒く、最上階は暑くなりやすいですね。
逆にいえば、夏場の1階は涼しく、冬場の最上階は暖かくになりますね。

ⅱ.外出時の窓閉めや防犯対策に気を遣う。
外出前に全窓のカギ閉めチェックが必要なのが大変です。
防犯面でもマンションに比べ対策が必要でしょう。

ⅲ.トイレやお風呂などへの動線が不便。
寝室が3階でトイレが2階にある場合などはトイレに行くのに階段を上り下りしなければならず、動線が不便になります。

ⅳ.ゴミ出しの当番がある。
こちらはお住まいの地域にもよりますが、集団回収の場合はゴミ当番があります。

ⅴ.掃除が大変。
通常の掃除はもちろんですが、窓が多いため、大掃除も大変かもしれません。

マンションの良いところ

ⅰ.冬場の室内は暖かい。
一戸建てとは比べ物にならないほど、室内は暖かいです。

ⅱ.セキュリティー面の安心感がある。
上層階の場合、道路から泥棒が入る心配はありませんので、防犯面の安心感はあります。

ⅲ.リビングの陽当たりと眺望が良い。
眺望については、やはり一戸建てとは違うなと思いますが、バルコニーに出ることが殆どない私にとっては、高ポイントという感じではないですね。

ⅳ.段差がなく、生活動線が楽。
ワンフロアで生活が出来るので、奥様の家事動線もラクラクでしょうか。

ⅴ.24時間ゴミ出しが出来る。
マンションの場合、ゴミ出しがいつでも出来るのは大きなメリットですね。

マンションの悪いところ

ⅰ.ダブルオートロックが面倒。
ダブルオートロックは防犯面で優れていると言われています。
私が居住しているマンションは非接触キーのオートロックですので、シリンダータイプものに比べれば大分出入りは楽ですが、両手が塞がっている状況でのダブルオートロックはかなり面倒だなと、最新型のハンズフリー型であれば便利だなと思います。

ⅱ.生活音や足音を気にしての生活がストレス。
私が最もストレスを抱えているのは、この問題です。
今までは一戸建てでしたので、子供は室内で走ろうがジャンプしようが叱ることはありませんでしたが、マンションに引っ越し後、ちょっと跳ねただけでも「ダメ!」と叱ることが多々あり、私も子供もストレスが溜まってますね。
特に緊急事態宣言発令後、子供も自宅にいる時間が増え外遊びも出来ないとなると相当のストレスがあるかと思いますが、自宅でも今まで(一戸建て)のように遊べないのは辛いようです。

ⅲ.開放感がない。
角住戸以外の場合、基本的に一部屋あたり一面の窓しかなく、廊下側のお部屋は他の入居者も行き来するので、カーテンを閉めておくことが多く開放感がありませんね。

ⅳ.上階の音が聞こえる。
我が家は某大手不動産会社が手掛ける平成26年築のマンションですので、それなりの仕様になっていると思いますが、上階にお住まいの方の生活音が気になるレベルではありませんが、一戸建て時にはないポイントでした。
上階の音が聞こえるという事は、我が家の生活音も下階の方に聞こえるという事ですので、気を付けなければなりませんね。

ⅴ.他住居者さんとエレベーターに同乗するのに気を遣う。

ⅵ.柱がアウトフレームになっていないお部屋は、デッドスペースができる。
我が家は柱が室外にあるアウトフレームタイプので問題ないですが、室内側に柱があるタイプだと、家具のレイアウトによってはデッドスペースができ、実際の部屋の広さを使いきれないケースがありそうです。

バルコニーに面した部屋以外の陽当たり、風通しが悪い。
間取りにもよりますが、最近流行り?の横長リビングの田の字プランの場合、窓無し居室がある為、引き戸を開けておかないと風どころか真っ暗なお部屋になります。

.自転車置き場の空きがないと室内に自転車を置かないとならない。
我が家の住むマンションにも相応の自転車置き場はありますが、分譲時に想定していなかったのか、現在は自転車置き場の空きがなく、1台分しか確保できなかったため家族分の自転車を置くことができていない状況です。
従って、自転車は玄関内やバルコニーなどに置くしかありません。
子供用の自転車は例外的にアルコーブに置くことが出来るため、とりあえずはアルコーブに置いていますが、外出時にエレベーターに自転車を載せないとならないため、小さい子供のいる我が家はかなり不便に感じます。

ⅸ.地上までが遠く、外出が億劫になる。
マンションに引っ越してから、コンビニなどちょっとした用事の際の外出が億劫になりました。

一戸建て、マンションのどちらかで迷われているお客様、実際に両方で生活した経験のある私にご相談下さい。
実際に住んでみた実体験をお伝えしますので、生の声を聴いたうえでお客様のライフスタイルに合わせてご判断されては如何でしょうか?

富士屋不動産では板橋区・北区・豊島区を中心に不動産情報を豊富に取り扱っております。
板橋区・北区で中古住宅をお探しなら、ぜひご相談下さい。

株式会社富士屋不動産
電話:03-5248-6228
お気軽にどうぞ

メールでのご相談はこちら

LINE@からのご相談も可能です。
友だち追加

≪ 前へ|「ご売却依頼の最前線」~リフォーム実施編①~   記事一覧   未完成物件でも完成イメージが出来るように・・・バーチャルモデルハウスを開設しております|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 周辺施設検索
  • 板橋区の小学校一覧
  • 豊島区の小学校一覧
  • 北区の小学校一覧
  • 売却
  • 会員バナー
  • 会員登録がお済の方はこちら

  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    会員物件数
    ロード中
  • 山本オススメ物件
  • ブログ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社富士屋不動産
    • 〒173-0005
    • 東京都板橋区仲宿48-10
    • TEL/03-5248-6228
    • FAX/03-5248-6628
    • 東京都知事 (3) 第93007号
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中
  • SSL

    本ページは、SSL技術によって暗号化し、
    入力情報を保護しています。

山本 亮 最新記事



山本 亮

住宅の設計、施工管理、建売用土地仕入れを経験した住宅のプロの目線で、お客様のお住まい探しをお手伝いさせて頂きます。また、10年前に新築一戸建てを購入し、現在はマンションに居住しておりますので、一戸建て・マンションそれぞれの良い点、悪い点など実際に住んでみて分かることなどもお伝えします。 私は代表者ですので、無責任な仕事は致しません!お一人お一人のお客様の為に責任をもって対応させて頂きます。

スタッフ情報を見る

トップへ戻る