富士屋不動産TOP > 株式会社富士屋不動産のブログ記事一覧 > こんな建売はオススメしません①ほぼ半地下

こんな建売はオススメしません①ほぼ半地下

≪ 前へ|第三者によるファイナンシャルプランのご相談も承ります。   記事一覧   建売住宅の購入時に見ておきたいポイントと注意点⑩耐震等級について|次へ ≫

こんな建売はオススメしません①ほぼ半地下

カテゴリ:こんな建売はオススメしません
2021年12月 5日投稿

こんな建売はオススメしません①

弊社で新築一戸建てをお探しのお客様には、オススメできない「こんな建売住宅」をシリーズでご紹介します。

第一弾は「ほぼ半地下」物件になります。

「半地下」物件についての詳細はこちらのコラムをご覧ください。

今回の「ほぼ半地下」物件とは、玄関の入り口の高さと道路の高さがほぼ同レベルの物件です。

一般的な住宅の場合、道路の高さから40㎝~50㎝ほど高い位置に1階の床がありますが、「ほぼ半地下」物件の場合は道路の高さから1階の床まで10㎝ほどになりますので、道路が冠水するとほぼ間違いなく床上浸水してしまいます。

PCであればマウスオン、スマホであればタップしてください。
浸水のイメージに変わります。

また、某建売会社が施工する「ほぼ半地下」物件の施工途中を見ると、とてもオススメできるものではないので、このコラムをご覧の方のみ紹介させて頂きます。


この物件は、ハザードマップの浸水リスクにも掛かるエリアにあり、一般的な高さでもリスクがあるのに、更に「ほぼ半地下」になっています。


更に、1階のお風呂、洗面やトイレの下水を玄関下を通して(白い点線)流すよう配管されており、下水道管の上はコンクリートを打って固めてしまうので、将来的にメンテナンスや付け替えも出来ません。


35年もの長期でローンを組んだ夢のマイホーム、この造りだと35年も持たないかもしれませんね。


同じ建売住宅でも、将来のメンテナンスを考えた施工を行っている物件もあります。



上の写真にある物件は、下水道管を基礎横に通して地中に通しますので、将来的なメンテナンスや付け替えも可能です。


高さ規制が厳しいエリアで3階建てを建てる場合、3階のお部屋の天井が下がってしまうことが多いので、このような「ほぼ半地下」物件が多くなってしまいます。


浸水リスクは少なくても3階の天井が低い家がいいのか、ほぼ半地下でリスクはあるけど3階の天井が下がらない物件がいいのか、お客様自身で判断してください。


一番怖いのは浸水のリスクを知らないで、35年ローンを組んで買ってしまうことです。


不動産仲介会社も建売分譲会社の売主も、そのリスクを教えてくれません。


お客様自身が知識を得て、判断することが大切です。

≪ 前へ|第三者によるファイナンシャルプランのご相談も承ります。   記事一覧   建売住宅の購入時に見ておきたいポイントと注意点⑩耐震等級について|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 周辺施設検索
  • 板橋区の小学校一覧
  • 豊島区の小学校一覧
  • 北区の小学校一覧
  • 売却
  • 会員バナー
  • 会員登録がお済の方はこちら

  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    会員物件数
    ロード中
  • 山本オススメ物件
  • ブログ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社富士屋不動産
    • 〒173-0005
    • 東京都板橋区仲宿48-10
    • TEL/03-5248-6228
    • FAX/03-5248-6628
    • 東京都知事 (3) 第93007号
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中
  • SSL

    本ページは、SSL技術によって暗号化し、
    入力情報を保護しています。

山本 亮 最新記事



山本 亮

住宅の設計、施工管理、建売用土地仕入れを経験した住宅のプロの目線で、お客様のお住まい探しをお手伝いさせて頂きます。また、10年前に新築一戸建てを購入し、現在はマンションに居住しておりますので、一戸建て・マンションそれぞれの良い点、悪い点など実際に住んでみて分かることなどもお伝えします。 私は代表者ですので、無責任な仕事は致しません!お一人お一人のお客様の為に責任をもって対応させて頂きます。

スタッフ情報を見る

トップへ戻る