富士屋不動産TOP > 株式会社富士屋不動産のブログ記事一覧 > 三菱UFJ銀行 住宅ローン商品改定

三菱UFJ銀行 住宅ローン商品改定

≪ 前へ|板橋区泉町 工事説明会   記事一覧   コスモ板橋本町、2階、3LDK、リフォーム実施済み、板橋本町駅|次へ ≫

三菱UFJ銀行 住宅ローン商品改定

カテゴリ:住宅ローン/資金計画など

三菱UFJ銀行 住宅ローン商品改定


2020年10月より低金利が魅力の「事務手数料型商品」の取り扱いが始まりました。

これまでの「保証料型」も2021年3月までは取り扱いがありますが、今後は事務手数料型が主流になりそうです。

簡単に両者の違いをご説明します。

「事務手数料型」と「保証料型」の違い


・金利

三菱UFJ銀行 事務手数料型と保証料型の違い


上記の表は三菱UFJ銀行の11月の金利表です。
11月の金利優遇適用で変動金利の場合、事務手数料型は0.475%保証料型は0.525%になります。
※審査結果により優遇金利の適用が変わる場合もございます。

・諸費用
住宅ローンのお借入れ時に諸費用が発生しますが、「事務手数料型」はお借入れ金額の2.2%(税込)、「保証料型」はお借入れ金額の2.061%(35年ローンの場合)と事務手数料3.3万円が掛かります。

仮に5,000万円のお借入れの場合で試算すると
事務手数料型:(5,000万円×2.2%)+3.3万円=113.3万円
保守料型:5,000万円×2.061%=103.05万円
差額は102,500円になります。

続いて、毎月の支払額の試算です。
事務手数料型:5,000万円、0.475%、35年で毎月129,241円
保守料型:5,000万円、0.575%、35年で毎月131,456円
毎月2,215円の差になります。

事務手数料型にもデメリットがある

低金利の事務手数料型にもデメリットがあります。

保証料型の場合、繰り上げ返済を行うと保証料の返戻があります。
また、返済年数が短い場合は保証料も安くなりますが、手数料型は返戻などはありません。

従って、返済年数が短い方や繰り上げ返済をお考えの方は、保証料型の方がメリットが多いかもしれませんね。

手数料型は多くのネット銀行でも採用しておりますので、低金利だけで判断するのはオススメしませんよ。



富士屋不動産では板橋区・北区を中心に不動産情報を豊富に取り扱っております。

お問い合わせは
株式会社富士屋不動産
電話:03-5248-6228まで
お気軽にどうぞ

メールでのお問合せは

.


LINE@からのご相談も可能です。

友だち追加

≪ 前へ|板橋区泉町 工事説明会   記事一覧   コスモ板橋本町、2階、3LDK、リフォーム実施済み、板橋本町駅|次へ ≫

タグ一覧

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 周辺施設検索
  • 板橋区の小学校一覧
  • 豊島区の小学校一覧
  • 北区の小学校一覧
  • 売却
  • 会員バナー
  • 会員登録がお済の方はこちら

  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    会員物件数
    ロード中
  • 山本オススメ物件
  • ブログ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社富士屋不動産
    • 〒173-0005
    • 東京都板橋区仲宿48-10
    • TEL/03-5248-6228
    • FAX/03-5248-6628
    • 東京都知事 (3) 第93007号
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中
  • SSL

    本ページは、SSL技術によって暗号化し、
    入力情報を保護しています。

山本 亮 最新記事



山本 亮

住宅の設計、施工管理、建売用土地仕入れを経験した住宅のプロの目線で、お客様のお住まい探しをお手伝いさせて頂きます。また、10年前に新築一戸建てを購入し、現在はマンションに居住しておりますので、一戸建て・マンションそれぞれの良い点、悪い点など実際に住んでみて分かることなどもお伝えします。 私は代表者ですので、無責任な仕事は致しません!お一人お一人のお客様の為に責任をもって対応させて頂きます。

スタッフ情報を見る

トップへ戻る