富士屋不動産TOP > 株式会社富士屋不動産のブログ記事一覧 > 建売住宅、注文住宅/完成すると見えなくなるところが本当は大切です。

建売住宅、注文住宅/完成すると見えなくなるところが本当は大切です。

≪ 前へ|東武東上線ダイヤ改正で2023年3月18日から「上板橋」駅に準急が停車するそうです。   記事一覧   ジャロジー窓を断熱材(スタイロフォーム)で塞いでみた。|次へ ≫

建売住宅、注文住宅/完成すると見えなくなるところが本当は大切です。

カテゴリ:新築住宅購入時のポイント
年末近くなり住まい探しは一時中断という方もおられるかもしれませんが、この時期は太陽高度も下がり冬の時期にこそ欲しい陽当たりの確認や、家の性能を確認するには一番良い季節だと思います。

そこで今回は、一戸建ての注意点を紹介したコラム【気になる新築一戸建てがあれば、工事中もチェックしてください。】の第2弾をお届けします。

売主、事業者にもよるのでしょうが、完成前の物件については外壁材、キッチン、ユニットバスなどの内外装材についての特徴や色味の分かるプレゼンシートを作成してます。

しかしながら、家造りにとって本当に大切なところは、完成すると見えなくなってしまう構造材、耐久性に係わる部材や断熱材などになりますが、殆どの分譲会社においてはその部分についてアピールしておりません。

アピールしていないというより、エンドユーザーも耐久性や性能には興味がないから、分譲会社もそこにはお金を掛ける必要もない為、アピールできるポイントがないということもありそうです。

今回は外壁下地に張る透湿防水シートについてお伝えしようと思います。

雨漏りさせないための防水処理

建物の外壁材は紫外線、雨風や気温の変化など、過酷な条件下にさらされており、外壁材表面には耐候性のある塗装、つなぎ目にはシーリング材が施されております。

建物の外から見える外壁や屋根材のことを一次防水、壁や屋根材の下地側に設ける防水シートなどのことを二次防水といいます。

一次防水と二次防水

台風などの強風時や、経年劣化などにより外壁や屋根材などの一次防水側で雨を防ぐことができなかったとしても、壁下地側の二次防水(防水シート)でも雨の浸入を防ぐよう2段構えの対策を行っている住宅が多いです。

劣化したシーリング材

外壁材の中で最も使用されているサイディングは、表面の塗装やつなぎ目にあるシーリングが10年前後で劣化しますので定期的にメンテナンスが必要になりますが、万一、シーリング材のヒビ割れなどから雨水が入ったとしても二次防水側で壁内部への雨水の浸入を防いでくれます。
二次防水があるからといって、外壁材のメンテナンスを行わなくていいということではありません。

前置きが長くなりましたが、ここからが今回の本題になります。

透湿防水シートも耐久年数がある。

二次防水である透湿防水シートにも10年相当、30年相当、50年相当の3種類の耐久試験(JIS A6111:2016)をクリアした商品があります。

JIS適合品であれば安心できそうですが、30年相当の適合品でも築10数年で劣化が認められた住宅があり、劣化の原因は判明していないそうです。

日経ホームビルダー2021年1月号によると、JISの試験方法や基準は、運用を含めて、実際の使用条件を反映しきれていないのではないかと指摘する実務者もいるようです。

その他、早期劣化する要因として、防水シート施工後、外壁材を一定期間内に貼らなかったためにシートが紫外線で劣化、防腐・防蟻処理された通気用の胴縁が水に濡れて、防蟻処理剤に含まれる界面活性成分が溶け出し防水シートの性能が低下したことが上げられるそうです。

透湿防水シート主要メーカーのサイトを見ると、防水シート施工後は60日以内(耐紫外線性能)に外壁材施工を完了させること、防腐・防蟻処理した通気胴縁は使用しないでくださいと記載されています。

スーパー工務店が使う透湿防水シート

これまでスーパー工務店が手掛ける家を複数見学する機会がありましたが、もれなく海外製のものを採用しておりました。

神奈川県横浜市の工務店

ウルト ウートップハイムシールド


埼玉県東松山市の工務店

ウルト ウートップハイムシールド


東京都の工務店

ウルト ウートップハイムシールド

国内メーカーの防水シートは、不織布とフィルムを重ねた2層構造が多いのですが、上記のウルト社の製品は単一素材を複数層にした不織布でできていて、厚みも国内メーカーのものと比べて3倍近くあります。


また、防腐・防蟻処理への耐性や耐紫外線性能も12週間と長いことが特徴です。


国内メーカーとウルト社の価格差

国内主要メーカーの透湿防水シートとウルト社のウートップハイムシールドの価格を検索してみると4倍ほどの差がありました。


国内メーカー30年相当:1m×50m:4,490円

ウルト ウートップハイムシールド:1m×50m 18,150円

※ネットで検索したものですので、定価、卸値ではありません。


4倍と聞くと高そうですが、仮に外壁面積300㎡の住宅で計算してみると、総額8万円ほどの差ですので、この差を高いと思うか安いと思うかはお客様次第でしょうか。
※重ねシロ分などは見ておりません。

透湿防水シートを張替えるには外壁全てを撤去しなければなりませんので、長期目線で考えると高耐久のものを使った方が結果的には安くなりそうですね、

毎度お伝えしていることですが、目に見えるキッチン、バスなどのグレードが高い家も憧れますが、目に見えない耐震性、断熱性、耐久性の高い家の方がいいなと思っていただけましたでしょうか。

ご意見やご感想など伺えましたら幸いです。



建売住宅の内覧時に見ておきたいポイントと注意点


併せて読んでほしいシリーズ

「断熱性能のお話し」シリーズ

富士屋不動産では板橋区・北区・豊島区を中心に不動産情報を豊富に取り扱っております。
板橋区・北区・豊島区で一戸建て、マンションをお探しなら、ぜひご相談下さい。

株式会社富士屋不動産
電話:03-5248-6228
お気軽にどうぞ

メールでのお問合せは


LINE@からのご相談も可能です。

友だち追加

インスタ始めました。


≪ 前へ|東武東上線ダイヤ改正で2023年3月18日から「上板橋」駅に準急が停車するそうです。   記事一覧   ジャロジー窓を断熱材(スタイロフォーム)で塞いでみた。|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 周辺施設検索
  • 板橋区の小学校一覧
  • 豊島区の小学校一覧
  • 北区の小学校一覧
  • 売却
  • 会員バナー
  • 会員登録がお済の方はこちら

  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    会員物件数
    ロード中
  • 山本オススメ物件
  • ブログ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社富士屋不動産
    • 〒173-0005
    • 東京都板橋区仲宿48-10
    • TEL/03-5248-6228
    • FAX/03-5248-6628
    • 東京都知事 (3) 第93007号
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中
  • SSL

    本ページは、SSL技術によって暗号化し、
    入力情報を保護しています。

山本 亮 最新記事



山本 亮

住宅の設計、施工管理、建売用土地仕入れを経験した住宅のプロの目線で、お客様のお住まい探しをお手伝いさせて頂きます。また、10年前に新築一戸建てを購入し、現在はマンションに居住しておりますので、一戸建て・マンションそれぞれの良い点、悪い点など実際に住んでみて分かることなどもお伝えします。 私は代表者ですので、無責任な仕事は致しません!お一人お一人のお客様の為に責任をもって対応させて頂きます。

スタッフ情報を見る

トップへ戻る