富士屋不動産TOP > 株式会社富士屋不動産のブログ記事一覧 > 設備仕様のグレードが落ちるのと家の性能が落ちるのどちらがいいか。

設備仕様のグレードが落ちるのと家の性能が落ちるのどちらがいいか。

≪ 前へ|販売チラシを手直し   記事一覧   能登からサザエが届きました。|次へ ≫

設備仕様のグレードが落ちるのと家の性能が落ちるのどちらがいいか。

カテゴリ:山本のブログ
SNSで「建築費の高騰により、建売住宅の設備のグレードが落ちている」という内容の発信が”おすすめ”に上がってきました。

今までは食器洗い乾燥機、浴室乾燥機、床暖房などが標準装備されていたのに、物件によっては浴室乾燥機がついていない家がある感じでしょうか。

ウッドショック以降、建築費が2割くらい値上がりしており、土地相場の上昇もある為、新築建売住宅を買える層が少なくなっているように思います。

ビルダーが設備仕様のグレードを下げているのは、少しでも安い価格設定にするための措置でしょう。

お客様からすると、浴室乾燥機付いてない=安普請と思われるかもしれません。

私個人の意見としては、耐震、断熱など建物の性能を下げたり、完成すると見えなくなる箇所の工事を手抜きされる方がよっぽど怖いなと考えます。

例えば、外壁側に設けたCD管の防水処理ですが、使用されているテープは防水用ではなく養生用が使われているものと思います。

CD管 

この上に一次防水となる外壁が張られますので、入居後すぐに雨漏りすることは考えにくいですが、10年保証が終わったタイミングで雨漏りしても保証の対象外になります。

この防水処理方法、ビルダー側からの指示なのか、職人さんが安い手間賃で材料費が賄えない為にやってしまったのかは不明ですが、割を食うのは購入したお客様です。

完成すると目に見えなくなる部分にこそコストを掛けた家がいいですよと伝えていますが、まさにこんな工事される位なら浴室乾燥機が付いていない家の方がいいと思いません?

耐震性能や断熱性能も同じことがいえます。

食洗機、浴室乾燥機は入居後、どうしても付けたくなったら後付けできますが、完成後に耐震等級や断熱等級を上げるのはほぼ不可能です。

家の性能に目覚めてしまった私からすると、リビングが広くて見た目はオシャレでも夏暑くて冬寒い家より、設備仕様は少しグレードが下がるけど夏は涼しく冬は暖かく過ごせる家をオススメしています。

っていつも書いてますが、買う前のお客様にはなかなか理解されないんですよね。

では、また。

このブログのご意見、ご感想をお聞かせください。

富士屋不動産では板橋区・北区・豊島区を中心に営業活動を行っていますが、営業外のエリアでも対応できる可能性がありますので、お気軽にご相談下さい。

株式会社富士屋不動産
電話:03-5248-6228
お気軽にどうぞ

メールでのお問合せは


LINE@からのご相談も可能です。

友だち追加

インスタ始めました。





建売住宅の内覧時に見ておきたいポイントと注意点


併せて読んでほしいシリーズ

「断熱性能のお話し」シリーズ


≪ 前へ|販売チラシを手直し   記事一覧   能登からサザエが届きました。|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 周辺施設検索
  • 板橋区の小学校一覧
  • 豊島区の小学校一覧
  • 北区の小学校一覧
  • 売却
  • 会員バナー
  • 会員登録がお済の方はこちら

  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    会員物件数
    ロード中
  • 山本オススメ物件
  • ブログ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社富士屋不動産
    • 〒173-0005
    • 東京都板橋区仲宿48-10
    • TEL/03-5248-6228
    • FAX/03-5248-6628
    • 東京都知事 (3) 第93007号
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中
  • SSL

    本ページは、SSL技術によって暗号化し、
    入力情報を保護しています。

山本 亮 最新記事



山本 亮

住宅の設計、施工管理、建売用土地仕入れを経験した住宅のプロの目線で、お客様のお住まい探しをお手伝いさせて頂きます。また、10年前に新築一戸建てを購入し、現在はマンションに居住しておりますので、一戸建て・マンションそれぞれの良い点、悪い点など実際に住んでみて分かることなどもお伝えします。 私は代表者ですので、無責任な仕事は致しません!お一人お一人のお客様の為に責任をもって対応させて頂きます。

スタッフ情報を見る

トップへ戻る