富士屋不動産TOP > 株式会社富士屋不動産のブログ記事一覧 > 板橋区の特徴③~首都直下地震が来たら23内でもっとも安全なのは板橋区!?~

板橋区の特徴③~首都直下地震が来たら23内でもっとも安全なのは板橋区!?~

≪ 前へ|10周年を迎えることができました。   記事一覧   住宅取得資金の贈与を受けた場合の非課税の特例における『住宅性能証明書』について|次へ ≫

板橋区の特徴③~首都直下地震が来たら23内でもっとも安全なのは板橋区!?~

カテゴリ:板橋区の特徴

板橋区の首都直下地震の被害想定についてのおはなし

板橋区の標高、三田線の高低差やハザードマップなどを公開していますので併せてご覧ください。

2018年7月の西日本豪雨や6月の大阪北部地震が甚大な被害をもたらし、2016年は熊本地震、2015年は関東・東北豪雨、2014年は広島土砂災害が起きるなど、毎年のように大災害が発生しています。2019年9月にも大型台風による千葉県において大規模停電が発生しました。

首都直下地震(マグニチュード7.3規模)の発生率が、今後30年以内に70%と言われています。

首都直下地震による板橋区の被害想定

首都直下地震による板橋区の被害想定

東京都防災ホームページから一部抜粋して表を作成してみました。

特に注目できるのは死者・負傷者・建物全壊棟数・ライフラインの被害(想定)が少ないことでしょうか。
死者・電力・通信はもっとも被害が少なく、負傷者・建物全壊棟数・ガス・上下水道の被害想定は2位になります。
ご覧のように板橋区がもっとも安全度が高いとされている理由です。

その他、夜間人口53万人からの比率を計算すると死者は0.015%、負傷者は0.5%、避難者は13.4%、昼間人口45万人からの比率では帰宅困難者が22.81%ですので、相対的な数字でみれば「板橋区は安全」かもしれませんが、日常的に防災・減災についての意識が大切かも知れませんね。

板橋区内で震度6弱以上の地震が発生する確率は?

令和3月3月に公開された2020年版J-SHIS Map(全国地震動予測地図)では、板橋区役所がある場所において、今後30年以内に震度6弱以上の地震が発生する確率は54.0%、震度6強以上の地震が発生する確率は11.2%と発表しました。

何年も前から30年以内に首都直下型地震が起きると言われておりますので、ご存じの方も多くおられると思います。

建築基準法が求める耐震基準

建築基準法を遵守した建物であれば、大地震が来ても大丈夫と思っていませんか?

建築基準法では、大規模地震に対して倒壊しないことは求めていても、損傷しないことは求めていません。

建築基準法が求める耐震基準(耐震等級1)は一度目の大規模地震では倒壊しなくても、「そのまま住み続けることができる」ということではないし、もっと言えば、補修できないくらい壊れるかもしれないという性能ですよ。

地震に強い家=耐震等級3の家を検討してください

新築一戸建て・マンションは最低限の耐震性能を有しているかと思いますが、中古一戸建て・マンションの場合は築年数によりオススメできる物件とそうではない物件があります。

特に一建ての場合は、一般住宅の1.5倍強い耐震等級3がおススメです。

平成28年4月に発生した熊本地震、前震・本震と合わせて震度7が連続で2度発生し、住宅の被害棟数は16万棟超えになります。

被害の特に大きかった益城町中心部における調査では、2000年基準以降の家屋も19棟が倒壊、全壊しておりますが、耐震等級3で建築された住宅16棟のうち無被害は14棟、半壊・一部損壊は2棟で、その全ての住宅で住み続けられております。

ご自身とご家族の安全を守る、せっかくローンを組んで購入したマイホームで被害に遭わないよう、ぜひ耐震等級3の家の購入をご検討下さい。

富士屋不動産では中古一戸建て・マンションをご紹介する際、その築年数や構造も含めてご提案させて頂いております。

如何でしょうか?
板橋区にて一戸建て、マンションを購入するなら、地元の富士屋不動産へお任せください。

板橋区の標高やハザードマップ、首都直下型地震の被害想定などを公開していますので併せてご覧ください。

お名前とメールアドレスだけ!!
お問い合わせ


公式LINEからのご相談も可能です。

友だち追加  
フォローお願いします。



家を買うことはゴールではありません!!
住宅ローンのこと、購入時の諸費用、住み始めてからの光熱費・保険料・メンテナンス費など、住まい探しの前にお金の話をしっかりお伝えします。
不動産のことは分からないから、不動産屋に任せようはキケンです。
営業スタッフ全員が不動産、特に建築の知識がある訳ではありませんので、自分で知識を身に付けないと損をするかもしれません。

もっと話が聞きたいと思って頂けたら
株式会社富士屋不動産
電話:03-5248-6228
までお気軽にご連絡ください。


建売住宅の内覧時に見ておきたいポイントと注意点


併せて読んでほしいシリーズ

「断熱性能のお話し」シリーズ

≪ 前へ|10周年を迎えることができました。   記事一覧   住宅取得資金の贈与を受けた場合の非課税の特例における『住宅性能証明書』について|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 周辺施設検索
  • 板橋区の小学校一覧
  • 豊島区の小学校一覧
  • 北区の小学校一覧
  • 売却
  • 会員バナー
  • 会員登録がお済の方はこちら

  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    会員物件数
    ロード中
  • 山本オススメ物件
  • ブログ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社富士屋不動産
    • 〒173-0005
    • 東京都板橋区仲宿48-10
    • TEL/03-5248-6228
    • FAX/03-5248-6628
    • 東京都知事 (3) 第93007号
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中
  • SSL

    本ページは、SSL技術によって暗号化し、
    入力情報を保護しています。

山本 亮 最新記事



山本 亮

住宅の設計、施工管理、建売用土地仕入れを経験した住宅のプロの目線で、お客様のお住まい探しをお手伝いさせて頂きます。また、10年前に新築一戸建てを購入し、現在はマンションに居住しておりますので、一戸建て・マンションそれぞれの良い点、悪い点など実際に住んでみて分かることなどもお伝えします。 私は代表者ですので、無責任な仕事は致しません!お一人お一人のお客様の為に責任をもって対応させて頂きます。

スタッフ情報を見る

トップへ戻る