富士屋不動産TOP > 株式会社富士屋不動産のブログ記事一覧 > 夏真っ盛り/窓の日射遮蔽対策を!

夏真っ盛り/窓の日射遮蔽対策を!

≪ 前へ|【リクシル住まいスタジオ】で窓性能による室内環境の違いを体感②~建売住宅・注文住宅検討の方は必見~   記事一覧   北区の特徴③~首都直下地震の被害想定|次へ ≫

夏真っ盛り/窓の日射遮蔽対策を!

カテゴリ:お役立ち情報
2021年 7月25日投稿

熱中症による救急搬送、住居での発生割合は43%

夏真っ盛り
コロナ禍で、今年の夏も外出せずに自宅でお過ごしの方も多いと思います。

消防庁の発表によると、令和2年の熱中症による救急搬送者数約6万4千人のうち、発生場所が住居の割合は43%の2万8千人とのことです。

日中に熱を貯め込んだ窓、カーテンや家具などから、気温の下がる夕方、夜間に熱を放出されるため、夜間になっても室内温度が下がらないことが起こります。
特に熱を貯め込みやすいコンクリート造であるマンションは、夜間から朝まで室内温度が下がりづらいので注意が必要です。

窓から熱が入る割合は73%

冷房中、室内に窓から熱が入る割合は73%ですので、窓からの熱をいかに遮るかが大切です。

掃き出し窓の熱画像を撮影してみました。


赤が強いほど高温で青が強いほど低温になりますが、窓周辺が赤くなっており外気の熱がお部屋に入っていることが分かります。

掃き出し窓の熱画像


窓外に日射遮蔽対策を!

暑い夏、少しでも室内環境を快適にするため、我が家が行っている窓対策をお伝えします。
室内側につけるカーテン、ブラインドは日射熱を約40%しか遮りません。約80%の日射熱を遮る室外に付けるすだれや遮光シートが有効です。

窓シェード


我が家のバルコニーは南西向きですので、この時期は午後14時過ぎから窓や室内に直射日光が当たります。

遮光シートを設置した窓と設置していない窓の表面温度を測ってみます。
※エアコンONで室内温度26℃、窓はアルミサッシLow-Eペアガラス。

先ずは外部のガラスの温度は42.4℃でした。


次に遮光シートのない室内側ガラスの表面温度は30.3℃でした。


続いて外部に遮光シートを設置した室内側ガラスの温度は28.5℃でした。


外部の表面温度は42.4℃、室内側表面温度が28.5℃とその差が約13.9℃ですので、Low-Eペアガラスと遮光シートの効果があるということですね。

我が家はアルミサッシですので、アルミ部分のサッシ枠はより高温になっているでしょう。
※計測を忘れてしまいました。

最後にサッシ枠に設置できる商品もありますのでご紹介します。
こちらの商品は、日射熱を83%カットしてくれます。

※写真:リクシル スタイルシェード


高断熱高気密の家を建てたい、断熱性能の高い建売住宅にご興味のあるお客様、お気軽に富士屋不動産へご相談下さい。



お問合せは
株式会社富士屋不動産
電話:03-5248-6228まで
お気軽にどうぞ

メールでのお問合せは


LINE@からのご相談も可能です。

友だち追加

インスタ始めました。


≪ 前へ|【リクシル住まいスタジオ】で窓性能による室内環境の違いを体感②~建売住宅・注文住宅検討の方は必見~   記事一覧   北区の特徴③~首都直下地震の被害想定|次へ ≫

タグ一覧

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 周辺施設検索
  • 板橋区の小学校一覧
  • 豊島区の小学校一覧
  • 北区の小学校一覧
  • 売却
  • 会員バナー
  • 会員登録がお済の方はこちら

  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    会員物件数
    ロード中
  • 山本オススメ物件
  • ブログ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社富士屋不動産
    • 〒173-0005
    • 東京都板橋区仲宿48-10
    • TEL/03-5248-6228
    • FAX/03-5248-6628
    • 東京都知事 (3) 第93007号
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中
  • SSL

    本ページは、SSL技術によって暗号化し、
    入力情報を保護しています。

トップへ戻る