富士屋不動産TOP > 株式会社富士屋不動産のブログ記事一覧 > 2024年の新築住宅のローン減税、子育て世帯のみ優遇されます。

2024年の新築住宅のローン減税、子育て世帯のみ優遇されます。

≪ 前へ|フローリング種類ごとの温感をサーモ写真で比較。   記事一覧   2023年と少し早いけど2024年の新築住宅のローン減税はどうなる?|次へ ≫

2024年の新築住宅のローン減税、子育て世帯のみ優遇されます。

カテゴリ:住宅ローン/資金計画など

子育て世帯のみ住宅ローン減税の控除額が優遇

ローン減税

2024年度の税制改正大綱が発表され、住宅ローン減税の借入限度額に変更がありましたのでお知らせします。



2023年12月16日投稿
吹き出し左側用のアイコン

この記事を書きました代表の山本です。

家を買うことがゴールになってませんか?買った後に後悔しないよう気を付けたいポイントなどを日々ブログで発信しております。

板橋区・北区・豊島区を中心に不動産売買の仲介を行っておりますが、営業外のエリアでもご対応させていただくことも可能ですので、お気軽にお問合せ下さい。

子育て世帯のみ控除額が優遇されます

2024年度から借入限度額が変更される予定でしたが、子育て世帯については2023年度と同額で継続されることになりました。

子育て世帯のローン減税

※日経新聞より転載


子育て世帯とは・・・

①19歳未満の子どもがいる

②夫婦のどちらかが40歳未満の世帯

になります。


なお、省エネ基準に適合していない住宅については、ローン減税を受けることができないことに変更はないようです。


また、買取再販物件も含めて中古住宅についての変更はなさそうです。


●関連記事

●関連記事

3月はパワービルダーの決算月でもあり、新築住宅の売れ行きが落ち着いてきた感じもあって、大幅値下げの可能性もありそうです。

新築住宅を狙っている方は、年明け早々に動かれた方がいいかもしれませんね。

今日のところはこの辺で。
では、また。

お名前とメールアドレスだけ!!
お問い合わせ


公式LINEからのご相談も可能です。

友だち追加  
フォローお願いします。



家を買うことはゴールではありません!!
住宅ローンのこと、購入時の諸費用、住み始めてからの光熱費・保険料・メンテナンス費など、住まい探しの前にお金の話をしっかりお伝えします。
不動産のことは分からないから、不動産屋に任せようはキケンです。
営業スタッフ全員が不動産、特に建築の知識がある訳ではありませんので、自分で知識を身に付けないと損をするかもしれません。

もっと話が聞きたいと思って頂けたら
株式会社富士屋不動産
電話:03-5248-6228
までお気軽にご連絡ください。


建売住宅の内覧時に見ておきたいポイントと注意点


併せて読んでほしいシリーズ

「断熱性能のお話し」シリーズ

≪ 前へ|フローリング種類ごとの温感をサーモ写真で比較。   記事一覧   2023年と少し早いけど2024年の新築住宅のローン減税はどうなる?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 周辺施設検索
  • 板橋区の小学校一覧
  • 豊島区の小学校一覧
  • 北区の小学校一覧
  • 売却
  • 会員バナー
  • 会員登録がお済の方はこちら

  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    会員物件数
    ロード中
  • 山本オススメ物件
  • ブログ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社富士屋不動産
    • 〒173-0005
    • 東京都板橋区仲宿48-10
    • TEL/03-5248-6228
    • FAX/03-5248-6628
    • 東京都知事 (3) 第93007号
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中
  • SSL

    本ページは、SSL技術によって暗号化し、
    入力情報を保護しています。

山本 亮 最新記事



山本 亮

住宅の設計、施工管理、建売用土地仕入れを経験した住宅のプロの目線で、お客様のお住まい探しをお手伝いさせて頂きます。また、10年前に新築一戸建てを購入し、現在はマンションに居住しておりますので、一戸建て・マンションそれぞれの良い点、悪い点など実際に住んでみて分かることなどもお伝えします。 私は代表者ですので、無責任な仕事は致しません!お一人お一人のお客様の為に責任をもって対応させて頂きます。

スタッフ情報を見る

トップへ戻る