富士屋不動産TOP > 株式会社富士屋不動産のブログ記事一覧 > 2024年(令和6年)以降の中古一戸建て、マンションのローン減税について

2024年(令和6年)以降の中古一戸建て、マンションのローン減税について

≪ 前へ|エアコン24時間つけっぱなしにしてみた2023年9月版   記事一覧   築浅の一戸建てなのに契約不適合責任免責ってどうなんでしょう。|次へ ≫

2024年(令和6年)以降の中古一戸建て、マンションのローン減税について

カテゴリ:住宅ローン/資金計画など

2024年(令和6年)の中古住宅のローン減税について

タグ 中古一戸建て 中古マンション #住宅ローン #税金
2023年10月13日投稿
吹き出し左側用のアイコン

この記事を書きました代表の山本です。

家を買うことがゴールになってませんか?買った後に後悔しないよう気を付けたいポイントなどを日々ブログで発信しております。

板橋区・北区・豊島区を中心に不動産売買の仲介を行っておりますが、営業外のエリアでもご対応させていただくことも可能ですので、お気軽にお問合せ下さい。

2024年(令和6年)以降に新築住宅を購入した場合のローン減税については、既に紹介済みですが、今回は、令和6年以降に中古一戸建てやマンションを購入した際のローン減税について記したいと思います。
中古住宅は、大きく分けて2種類あり、一般個人の方が売主の場合の「既存住宅」と、不動産会社が一度購入しリフォームを行ったうえで再販売する「買取再販住宅」があります。

一般個人の方から購入した場合のローン減税は、最大3,000万円、控除率0.7%、控除期間10年間が対象になります。

令和6年以降 一般中古住宅のローン減税

※タップすると拡大します。

最大3,000万円まで対象になる住宅は、省エネ基準に適合したものになり、「住宅性能証明書」を取得できる住宅に限ります。

この省エネ基準に適合した住宅であることの証明、「住宅性能証明書」の取得が非常に厄介で、Iグループ、〇〇建築設計、〇〇テック、〇〇プランニングなど一部の建売業者さんの住宅で、かつ築10年ほどの住宅であれば取得できる可能性があります。

中古マンションにおいても同様に築15年ほどのものや、「マンション環境性能表示」の「建物の断熱性」において★★★であれば、「住宅性能証明書」を取得できる可能性がありますが、多くの中古一戸建て、中古マンションにおいては「住宅性能証明書」を取得することが難しいように思います。

「マンション環境性能表示」は、おおよそ平成18年以降に新築されたマンションであれば床面積10,000㎡を超える規模、平成22年以降であれば5,000㎡を超える規模であれば届け出されていて、登録されたマンションは”東京都環境局”のサイトで閲覧できます。
中古住宅の省エネ適合に関する「住宅性能証明書」については、後日書きたいと思います。


従って、多くの中古住宅においては、2,000万円×0.7%×10年で最大140万円の控除が対象と思った方がいいでしょう。

その他に建築年月日や所得に関する制限もありますので、国税庁のサイトも併せてご確認ください。

買取再販住宅購入時のローン減税

令和6年 買取再販中古住宅のローン減税

※タップすると拡大します。

【買取再販住宅】においても、【既存住宅】と同様に省エネ基準に適合しないない住宅は、2,000万円に対して0.7%の控除率で10年間ローン減税を受けることができます。

【買取再販住宅】の場合、「省エネ基準」適合であれば最大3,000万円13年間、「ZEH基準」適合であれば最大3,500万円13年間、「低炭素住宅」・「長期優良住宅」適合であれば最大4,500万円13年間控除を受けることができます。


一戸建て限定での話ですが、新築住宅でさえ「省エネ基準」に適合していない物件が供給されているなか、中古住宅で「省エネ基準」に適合した物件を探すのはかなり困難でしょう。

反対にこれから家を売ろうと考えている方は、新築で買ったときの家が「省エネ基準」に適合していれば、高く売ることができるかもしれませんね。

過去のブログ断熱性能が悪い家は資産価値が下がる?】で伝えましたが、断熱性能の高い家を買うと、資産価値が保たれる可能性が高いので、新築、中古に拘わらず、これから家を買おうと思っている方は、家の性能を知っておくことをオススメします。

低性能な家を買ってしまうと、ローン減税だけではなく、入居後のメンテナンス費用、光熱費などにも影響しますよ。

不動産会社の営業スタッフが言っていることだけではなく、ご自身でも知識を蓄えて家探しをしないと、損をするのはあなた自身です。

今日のところはこの辺で。
では、また。

お名前とメールアドレスだけ!!
お問い合わせ


公式LINEからのご相談も可能です。

友だち追加  
フォローお願いします。



家を買うことはゴールではありません!!
住宅ローンのこと、購入時の諸費用、住み始めてからの光熱費・保険料・メンテナンス費など、住まい探しの前にお金の話をしっかりお伝えします。
不動産のことは分からないから、不動産屋に任せようはキケンです。
営業スタッフ全員が不動産、特に建築の知識がある訳ではありませんので、自分で知識を身に付けないと損をするかもしれません。

もっと話が聞きたいと思って頂けたら
株式会社富士屋不動産
電話:03-5248-6228
までお気軽にご連絡ください。


建売住宅の内覧時に見ておきたいポイントと注意点


併せて読んでほしいシリーズ

「断熱性能のお話し」シリーズ

≪ 前へ|エアコン24時間つけっぱなしにしてみた2023年9月版   記事一覧   築浅の一戸建てなのに契約不適合責任免責ってどうなんでしょう。|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 周辺施設検索
  • 板橋区の小学校一覧
  • 豊島区の小学校一覧
  • 北区の小学校一覧
  • 売却
  • 会員バナー
  • 会員登録がお済の方はこちら

  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    会員物件数
    ロード中
  • 山本オススメ物件
  • ブログ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社富士屋不動産
    • 〒173-0005
    • 東京都板橋区仲宿48-10
    • TEL/03-5248-6228
    • FAX/03-5248-6628
    • 東京都知事 (3) 第93007号
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中
  • SSL

    本ページは、SSL技術によって暗号化し、
    入力情報を保護しています。

トップへ戻る