富士屋不動産TOP > 株式会社富士屋不動産のブログ記事一覧 > 建売の内装色味。巾木の色が気になる。

建売の内装色味。巾木の色が気になる。

≪ 前へ|豊島区 どこから来たのランキング   記事一覧   建売の設計力。南6m道路の立地でこの間取りはもったいない。|次へ ≫

建売の内装色味。巾木の色が気になる。

カテゴリ:山本のブログ

建売の色味問題



2023年12月10日投稿
吹き出し左側用のアイコン

この記事を書きました代表の山本です。

家を買うことがゴールになってませんか?買った後に後悔しないよう気を付けたいポイントなどを日々ブログで発信しております。

板橋区・北区・豊島区を中心に不動産売買の仲介を行っておりますが、営業外のエリアでもご対応させていただくことも可能ですので、お気軽にお問合せ下さい。

建売住宅の外観や内装色味の流行も、時代により移り変わりがあります。

私が設計業務を行っていた30年近く前はサッシは白、黒、茶の3色しかありませんでし、床や室内ドアもナチュラル系かブラウン系、たまにグレー系を選ばれる方もいましたが、基本的には2色の中から選ばれる方が多かったように思います。

20年近く前は、キッチンの面材だけド派手な赤や黄色などのビビットカラーが流行ったりもしましたが、最近はホワイト系やナチュナル系などの色味に戻ってきた感じがします。

当時、巾木(壁と床との取り合いのところにつける部材)と窓枠はドアの色に合わせることが多く、フローリングがホワイトかナチュナル系でドアはブラウン系の色味の場合、巾木と窓枠はブラウン系になってしまい凄く違和感を感じることがありました。

どの現場か分からないよう加工していますが、巾木(赤枠のところ)と窓枠が濃い色だと部屋も狭く感じるので、最近の建売住宅においては巾木と窓枠も壁に合わせて白が多いのですが、久しぶりにこのカラーセレクト見ちゃったのでブログで取り上げてみました。

この家、トイレも同様の仕上がりになっていて壁、便器は白なのに窓枠と巾木だけブラウンで違和感あり過ぎでした。

未完成物件を買う時には、巾木や窓枠の色も確認しておくとよいかもしれませんね。

今日のところはこの辺で。
では、また。

お名前とメールアドレスだけ!!
お問い合わせ


公式LINEからのご相談も可能です。

友だち追加  
フォローお願いします。



家を買うことはゴールではありません!!
住宅ローンのこと、購入時の諸費用、住み始めてからの光熱費・保険料・メンテナンス費など、住まい探しの前にお金の話をしっかりお伝えします。
不動産のことは分からないから、不動産屋に任せようはキケンです。
営業スタッフ全員が不動産、特に建築の知識がある訳ではありませんので、自分で知識を身に付けないと損をするかもしれません。

もっと話が聞きたいと思って頂けたら
株式会社富士屋不動産
電話:03-5248-6228
までお気軽にご連絡ください。


建売住宅の内覧時に見ておきたいポイントと注意点


併せて読んでほしいシリーズ

「断熱性能のお話し」シリーズ

≪ 前へ|豊島区 どこから来たのランキング   記事一覧   建売の設計力。南6m道路の立地でこの間取りはもったいない。|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 周辺施設検索
  • 板橋区の小学校一覧
  • 豊島区の小学校一覧
  • 北区の小学校一覧
  • 売却
  • 会員バナー
  • 会員登録がお済の方はこちら

  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    会員物件数
    ロード中
  • 山本オススメ物件
  • ブログ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社富士屋不動産
    • 〒173-0005
    • 東京都板橋区仲宿48-10
    • TEL/03-5248-6228
    • FAX/03-5248-6628
    • 東京都知事 (3) 第93007号
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中
  • SSL

    本ページは、SSL技術によって暗号化し、
    入力情報を保護しています。

山本 亮 最新記事



山本 亮

住宅の設計、施工管理、建売用土地仕入れを経験した住宅のプロの目線で、お客様のお住まい探しをお手伝いさせて頂きます。また、10年前に新築一戸建てを購入し、現在はマンションに居住しておりますので、一戸建て・マンションそれぞれの良い点、悪い点など実際に住んでみて分かることなどもお伝えします。 私は代表者ですので、無責任な仕事は致しません!お一人お一人のお客様の為に責任をもって対応させて頂きます。

スタッフ情報を見る

トップへ戻る