富士屋不動産TOP > 株式会社富士屋不動産のブログ記事一覧 > 家が寒い時の対策、どうしてますか?

家が寒い時の対策、どうしてますか?

≪ 前へ|床下にあるすき間を塞ぐ!床下の空間がなくて出来なかったはなし。   記事一覧   中古マンションの見学時に見ておきたいポイントと注意点⓷冬至の陽当たりを確認してください。|次へ ≫

家が寒い時の対策、どうしてますか?

カテゴリ:お役立ち情報
リクシルによる「住まいの断熱」に関する意識調査によると、自宅で寒い時にとっている行動として、スリッパを履く、暖房の2台つかい、ひざ掛けを使うなどの寒さ対策を行っているという結果が出たようです。

家が寒い時の行動と対策

※イラスト:リクシル

対策として最も多かった「フローリングの上ではスリッパを履くようにしている」、5位の「靴下の重ね履き」と、足元を暖めようとするのは床が冷たく素足で歩くにはシンドイからでしょう。

最近の一戸建てやマンションに使用されているフローリング材は、シートフローリングという表面に木目が印刷されたシートが張ってあるもので、シートは本物の木より熱伝導率が高く足裏から熱が奪われてしまうため床が冷たく感じてしまう原因になります。

我が家もシートフローリングですので、熱がどのくらい床に伝わっているのかサーモカメラを使って確認してみました。

左足はシートフローリング、右足はカーペットの上にそれぞれ約2分間乗せた後、床にどれだけ熱が移ったのかを計測しています。

下の写真にある上部分がシートフローリング、下部分がカーペットで、足を乗せていない部分の⓷シートフローリングと④カーペットの表面温度はともに20.4℃ですが、足を乗せていた部分の①シートフローリングの表面温度24.4℃、②のカーペットの表面温度は22.9℃と約1.5℃の差がありました。

シートフロアとカーペットの表面温度

フローリングの方が1.5℃分だけ余計に熱を奪われているので、カーペットと比べて床が冷たく感じます。

アンケートの結果同様、スリッパを履く、靴下の重ね履きという対策は正しいのですが、大人はともかく、小さいお子様や赤ちゃんにとって床が冷たいというのは大人が感じる以上に辛い状況になります。

断熱性能の低い家は床の表面温度だけではなく、冷たい空気も床付近に降りてきますので、子供は大人よりも冷たい空気を吸っている環境になります。

冷たい空気を吸うと呼吸器も冷えやすく、感染症などの原因になるといわれています。

小さいお子様のいるご家庭においては、すぐにでも家の寒さ対策を行ってほしいところですが、リクシルのアンケートによると家が寒いと感じていても断熱リフォームを検討している方は非常に少ないようです。

断熱リフォームの検討 アンケート

※イラスト:リクシル
家が「寒いと感じる」、「一部の部屋では寒く感じる」方が約80%いる中で、「断熱リフォームをしたことがない、検討したこともない」方が約79%と多くの方が断熱改修に興味がなさそうな印象です。

本格的な断熱改修は難しくても、DIYでできることもありますので、少しでも室内の環境を良くしたい、温かい部屋で過ごしたいと思われた方は、下記のブログも併せてお読みください。


建売住宅やマンションの場合、クレームになりやすいので採用されている物件はないのですが、注文住宅で建てる方は、熱伝導率の低い無垢フローリングがオススメです。

私が次に家を建てる(会社として分譲するものも含めて)機会があれば、床暖房などは設置せず無垢フローリングを採用してみたいと思うところです。

お部屋を暖めるには床材より、家の気密性を上げることが重要ですが、高気密高断熱の建売住宅、興味ある方いますかね?

いいもの建てても、掛かったコスト以上に高く売れないと意味がないので、不動産会社もいいもの建てようというモチベーションは働かないんですよね。

上記のアンケート結果を見て思ったことは、暖かい家に住みたいと考えている方は、建売住宅ではなく高気密高断熱な家を建ててくれる工務店、ハウスメーカーを探しますが、性能に関心のない方は建売住宅を買ってスリッパや靴下を重ね履き、暖房器具を2台つかいして寒さを凌ぐといった感じでしょうか。

一応、3年後には全ての新築建物において断熱等級4が義務化、フラット35については来年4月以降から等級4への適合が必須になりますので、遅くても来年4月以降からは等級4程度の省エネ性能は満たされそうです。

今年の3月までは最高等級であった等級4ですが、3年後には義務化されちゃうレベルであって暖かい家にはなりませんので今からお伝えしておきます。

これから電気代は益々高騰します。

住んでからランニングコスト(電気代など)やメンテナンス代が余計に掛かる家より、初期コストは掛かるけどランニングコストやメンテナンスコストが安くなる家を買う、建てた方が生涯コスト(ライフサイクルコスト)は安くなると考えます。

これは低予算の方ほど言えることで、どうにかローンは組めたけど、今までの家より広くなったことで光熱費が掛かる(お子様に個室を与えるようになるともっと掛かります)、10年、20年後のメンテナンス費用の工面ができないなんて可能性もありえると思いませんか。

何度もお伝えしておりますが、家を買うことはゴールではなくスタートですので、10年、20年、30年先まで考えた家探しをしてみてはいかがでしょうか。



板橋区・北区・豊島区で一戸建て、マンションをお探しなら、ぜひご相談下さい。

株式会社富士屋不動産
電話:03-5248-6228
お気軽にどうぞ

メールでのお問合せは


LINE@からのご相談も可能です。

友だち追加

インスタ始めました。


≪ 前へ|床下にあるすき間を塞ぐ!床下の空間がなくて出来なかったはなし。   記事一覧   中古マンションの見学時に見ておきたいポイントと注意点⓷冬至の陽当たりを確認してください。|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 周辺施設検索
  • 板橋区の小学校一覧
  • 豊島区の小学校一覧
  • 北区の小学校一覧
  • 売却
  • 会員バナー
  • 会員登録がお済の方はこちら

  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    会員物件数
    ロード中
  • 山本オススメ物件
  • ブログ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社富士屋不動産
    • 〒173-0005
    • 東京都板橋区仲宿48-10
    • TEL/03-5248-6228
    • FAX/03-5248-6628
    • 東京都知事 (3) 第93007号
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中
  • SSL

    本ページは、SSL技術によって暗号化し、
    入力情報を保護しています。

山本 亮 最新記事



山本 亮

住宅の設計、施工管理、建売用土地仕入れを経験した住宅のプロの目線で、お客様のお住まい探しをお手伝いさせて頂きます。また、10年前に新築一戸建てを購入し、現在はマンションに居住しておりますので、一戸建て・マンションそれぞれの良い点、悪い点など実際に住んでみて分かることなどもお伝えします。 私は代表者ですので、無責任な仕事は致しません!お一人お一人のお客様の為に責任をもって対応させて頂きます。

スタッフ情報を見る

トップへ戻る