富士屋不動産TOP > 株式会社富士屋不動産のブログ記事一覧 > 家の中で一番寒さを感じるのは脱衣所。

家の中で一番寒さを感じるのは脱衣所。

≪ 前へ|リビングの照明は電球色?昼白色?LED照明への買い替えで東京ゼロエミポイント貰えます。   記事一覧   【令和6年(2024年)版】住宅取得資金の贈与を受けた場合の非課税の特例|次へ ≫

家の中で一番寒さを感じるのは脱衣所。

カテゴリ:お役立ち情報

家の中で一番寒いと感じるのは脱衣所。

一条工務店が行った「自宅内で寒暖差がつらい場所はどこですか」と尋ねたアンケートによると、1位は脱衣所、2位はトイレ、3位は浴室という結果になりました。

一般的に水廻りは陽の当らない北側に配置されること、24時間換気が常に稼働していること、また裸になる場所ですので寒く感じるのは当然といえば当然の結果でしょう。

高断熱高気密住宅やマンション中住戸においては、部屋間の寒暖差を抑えることができますが、一般的な建売住宅でも脱衣所が〇〇にある家を買う、〇〇を確認すれば、少しは暖かい脱衣所になるのではないかというお話です。
タグ #家が寒い #断熱・省エネ #内覧時の注意点 #新築住宅購入時のポイント

目次
2023年12月23日投稿
吹き出し左側用のアイコン

この記事を書きました代表の山本です。

家を買うことがゴールになってませんか?買った後に後悔しないよう気を付けたいポイントなどを日々ブログで発信しております。

板橋区・北区・豊島区を中心に不動産売買の仲介を行っておりますが、営業外のエリアでもご対応させていただくことも可能ですので、お気軽にお問合せ下さい。

間取りによっては、脱衣所の寒さが緩和される?

これから3パターンの間取りをご紹介しますが、全て1階にLDKと水廻りがある住宅です。

脱衣所が家のどこにあれば、寒暖差を抑えることができるのか見ていきましょう。

1⃣水廻りが廊下を挟んでレイアウトされた、建売ではごく一般的な間取りです。

廊下型のリビング

開口部の中で玄関ドアの断熱性能は最も低く、玄関床もコンクリートにタイル敷きが多いため、玄関付近から室内の熱がどんどん逃げてしまい、玄関、廊下はめちゃくちゃ寒くなります。

また、水廻りは北側にありリビングとは廊下を挟んでいるので、暖房をいれたリビングは暖かくても脱衣所やトイレには熱が届きません。

2⃣トイレだけ廊下側にレイアウトされた間取りです。

トイレだけ廊下にある間取り

脱衣所とお風呂はリビングとつながっているので、ドアを開けておくと暖気が洗面脱衣室まで廻るため1⃣の家より暖かくなりますが、トイレの出入り口が廊下側にあるため、トイレに行くには一度廊下に出なければなりません。

脱衣室の扉が開き戸ですので、常に開けておくのは難しいかもしれません。

3⃣水廻り全てがリビングとつながった間取りです。

LDKと水廻りがつながった間取り

洗面脱衣室とリビングが引き戸で仕切られている為、常に扉を開放しておけばリビングの暖気が脱衣所まで廻りやすくなり、トイレも廊下を経由しないため上2つの間取りと比べて水廻りが暖かくしやすいと考えます。

3階建ての場合

都心部3階建ての場合は2階リビングという間取りが多く、1階は車庫、水廻り、洋室というレイアウトだと脱衣室が寒くなりやすいですね。

3階建て1階の間取り

上の間取りの場合、1階洋室にも日が入りませんので暖房を入れるしか室内を暖める手段がありません。

敷地に少しゆとりがある場合、2階にLDKと水廻りのある物件もでてきます。

2階に水廻り

水廻りがリビングとつながっており、床下が1階の室内になる分だけ熱が逃げにくく1階にある脱衣所より暖かくなります。

床下の断熱欠損も寒い理由

1階の脱衣所が寒くなるもう一つの理由が、断熱不足や断熱欠損の可能性があります。

洗濯パン下の断熱欠損


洗濯パンや洗面台下の配管廻りに断熱欠損があります。

この状況で24時間換気やキッチンなどの換気扇を回していると、床下の冷気が配管廻りのすき間から室内に入ってきてしまうため、1階が寒い原因にもなります。

●関連記事
いかがでしょうか?
今回は寒い脱衣所になりにくい間取りと断熱材の確認についてお伝えしました。

これから家を買う方で寒い家はイヤ!という方は、ぜひ富士屋不動産へご相談ください。

お名前とメールアドレスだけ!!
お問い合わせ


公式LINEからのご相談も可能です。

友だち追加  
フォローお願いします。



家を買うことはゴールではありません!!
住宅ローンのこと、購入時の諸費用、住み始めてからの光熱費・保険料・メンテナンス費など、住まい探しの前にお金の話をしっかりお伝えします。
不動産のことは分からないから、不動産屋に任せようはキケンです。
営業スタッフ全員が不動産、特に建築の知識がある訳ではありませんので、自分で知識を身に付けないと損をするかもしれません。

もっと話が聞きたいと思って頂けたら
株式会社富士屋不動産
電話:03-5248-6228
までお気軽にご連絡ください。


建売住宅の内覧時に見ておきたいポイントと注意点


併せて読んでほしいシリーズ

「断熱性能のお話し」シリーズ

≪ 前へ|リビングの照明は電球色?昼白色?LED照明への買い替えで東京ゼロエミポイント貰えます。   記事一覧   【令和6年(2024年)版】住宅取得資金の贈与を受けた場合の非課税の特例|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 周辺施設検索
  • 板橋区の小学校一覧
  • 豊島区の小学校一覧
  • 北区の小学校一覧
  • 売却
  • 会員バナー
  • 会員登録がお済の方はこちら

  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    会員物件数
    ロード中
  • 山本オススメ物件
  • ブログ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社富士屋不動産
    • 〒173-0005
    • 東京都板橋区仲宿48-10
    • TEL/03-5248-6228
    • FAX/03-5248-6628
    • 東京都知事 (3) 第93007号
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中
  • SSL

    本ページは、SSL技術によって暗号化し、
    入力情報を保護しています。

山本 亮 最新記事



山本 亮

住宅の設計、施工管理、建売用土地仕入れを経験した住宅のプロの目線で、お客様のお住まい探しをお手伝いさせて頂きます。また、10年前に新築一戸建てを購入し、現在はマンションに居住しておりますので、一戸建て・マンションそれぞれの良い点、悪い点など実際に住んでみて分かることなどもお伝えします。 私は代表者ですので、無責任な仕事は致しません!お一人お一人のお客様の為に責任をもって対応させて頂きます。

スタッフ情報を見る

トップへ戻る