富士屋不動産TOP > 株式会社富士屋不動産のブログ記事一覧 > DIYで断熱二重窓とハニカムシェードを設置した効果を検証【冬バージョン】

DIYで断熱二重窓とハニカムシェードを設置した効果を検証【冬バージョン】

≪ 前へ|弊社オリジナル冊子【これからの建売住宅に必要な3つの性能とランニングコスト&メンテナンス費用】をプレゼント致します。   記事一覧   都内の新築一戸建て住宅に太陽光発電の設置義務化条例~続報~|次へ ≫

DIYで断熱二重窓とハニカムシェードを設置した効果を検証【冬バージョン】

カテゴリ:お役立ち情報
2021年11月27日投稿
2022年  4月 2日更新
目次

DIYで断熱二重窓とハニカムシェードを設置した効果を検証【冬バージョン】

最高気温が15℃を下回り、かなり寒さを感じる季節になりましたね。
夕方は冷え込み、今シーズン初めて暖房を入れたので、今年の9月に設置した断熱二重窓とハニカムシェードの効果を測定したいと思います。
内窓を入れた9月は残暑厳しく、真夏日を記録した日に設置したのですが、当日の測定では既存窓と内窓の表面温度の差は約5.6℃とかなり効果がありました。
二重窓とハニカムシェードを設置した時のブログはこちら

断熱二重窓の効果

私のデスク前には、縦1.5m×横1.7mの大きな窓があり、夏暑く、冬寒いという厳しい環境なのですが、9月に内窓を設置した以降はかなり快適になりましたよ。

今回の測定は、最近導入したサーモグラフィカメラを使用してお伝えします。
写真右側の窓は内窓あり、左側は内窓を開けた状態、外気温5℃、室温21.2℃、エアコン設定温度は20℃での測定です。

既存窓ガラスと内窓パネルの表面温度の差は約5.8℃と夏同様、かなり効果があることが分かります。


ハニカムシェードの効果

続いて事務所入口に設置したハニカムシェードのサーモ画像です。


左側にあるハニカムシェードを下した窓の表面温度は16.9℃、右側の窓ガラス表面温度は12.8℃と、その差は約4℃ですので、こちらも効果があることが分かります。


電気消費量を検証

電気消費量も検証してみました。

電気消費量 グラフ

※2020年12月にエアコン取替、2021年9月に内窓設置、2022年2月に内窓の中に断熱材を付加

エアコンで暖房を入れ始めた12月から検証してみると
2020年12月:290.3kWh
2021年12月:257.0kWh
エアコンの取替と内窓の設置により33.3kWh省エネになりました。(1kWhあたり27円とすると約900円)

続いて内窓を設置した効果を検証してみると
2020年1月:326.5kWh
2021年1月:282.7kWh
2022年1月:281.2kWh
エアコン取替による効果(2020年と2021年の差が43.8kWh)はありましたが、内窓の効果はないようにみえますね。

気象庁のデータベースにある、日平均気温、日最高気温の平均、日最低気温の平均でみても大きな差はなさそうですが、最高気温が10℃に満たない日と最低気温が氷点下になる日数の違いによることが大きいものだと考えます。

外窓と内窓の間に断熱材を追加した2月をみると、25.5kWhの差がありました。
2022年2月は2021年と比較し、1日の平均気温(3℃も違う)、日最高気温の平均、日最低気温の平均も低いのに、消費電力量が下がったことは、窓の断熱強化を行った効果だと考えられますね。

弊店の広さは5坪程度、内窓の設置も1か所だけで、毎月の電気代が7~800円下がったことを考えると、一般住宅で内窓を設置しない手はないですね。

電気カーペットで自家製床暖房

キッズスペースをリニューアルした際に余った突板フローリングをデスク足元に敷いてみました。
折角なので、一番冷える足元も断熱補強しようと、床にスタイロフォーム、その上に電気カーペットを敷いてフローリングを置き、デスク立ち上がり面に袋入りグラスウールを2重に入れてみました。

本来直接足元に置くべき電気カーペットで、その上にフローリングを置いたので暖まるか不安でしたが、測定すると24℃、27℃まで上がることもあるので、これも快適です♪

床がポカポカしているの良いですよね~

常々お伝えしておりますが、暖房で室温だけ上げても、床や壁が冷えていると体感温度は上がりません。

建売住宅の購入を検討する時は、壁や床などに入っている断熱材を気にしてみてください。

併せて読んでほしいブログ

富士屋不動産では板橋区・北区・豊島区を中心に不動産情報を豊富に取り扱っております。

株式会社富士屋不動産
電話:03-5248-6228
お気軽にどうぞ

メールでのお問合せは


LINE@からのご相談も可能です。

友だち追加

インスタ始めました。


≪ 前へ|弊社オリジナル冊子【これからの建売住宅に必要な3つの性能とランニングコスト&メンテナンス費用】をプレゼント致します。   記事一覧   都内の新築一戸建て住宅に太陽光発電の設置義務化条例~続報~|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 周辺施設検索
  • 板橋区の小学校一覧
  • 豊島区の小学校一覧
  • 北区の小学校一覧
  • 売却
  • 会員バナー
  • 会員登録がお済の方はこちら

  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    会員物件数
    ロード中
  • 山本オススメ物件
  • ブログ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社富士屋不動産
    • 〒173-0005
    • 東京都板橋区仲宿48-10
    • TEL/03-5248-6228
    • FAX/03-5248-6628
    • 東京都知事 (3) 第93007号
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中
  • SSL

    本ページは、SSL技術によって暗号化し、
    入力情報を保護しています。

山本 亮 最新記事



山本 亮

住宅の設計、施工管理、建売用土地仕入れを経験した住宅のプロの目線で、お客様のお住まい探しをお手伝いさせて頂きます。また、10年前に新築一戸建てを購入し、現在はマンションに居住しておりますので、一戸建て・マンションそれぞれの良い点、悪い点など実際に住んでみて分かることなどもお伝えします。 私は代表者ですので、無責任な仕事は致しません!お一人お一人のお客様の為に責任をもって対応させて頂きます。

スタッフ情報を見る

トップへ戻る