富士屋不動産TOP > 株式会社富士屋不動産のブログ記事一覧 > 室内の湿度は〇%がいいの?湿度の管理は絶対湿度をチェックした方がいいですよ。

室内の湿度は〇%がいいの?湿度の管理は絶対湿度をチェックした方がいいですよ。

≪ 前へ|一戸建てはなぜ寒い?暖かくする方法ありますよ①   記事一覧   親父の手料理②|次へ ≫

室内の湿度は〇%がいいの?湿度の管理は絶対湿度をチェックした方がいいですよ。

カテゴリ:お役立ち情報
2021年12月14日投稿
冬本番、一段と寒さが厳しくなり、乾燥も気になる季節ですので、暖房と併せて加湿器を入れている方も多いのではないでしょうか。

今日は、加湿器入れたときの適切な湿度は〇%が良いのか、また、インフルエンザ対策に必要な湿度についても書いてますので、ぜひ最後までお読みください。

湿度は2種類ある

湿度は「相対湿度」と「絶対湿度」の2種類あり、湿度管理は絶対湿度の方が重要です。

相対湿度とは

一般的な温湿度計で表示されている湿度とは相対湿度と呼ばれ、%(パーセント)で表します。

相対湿度とは、空気の中に含まれる水蒸気の割合で、例えば室温30℃で湿度50%と10℃で湿度50%の場合では、空気中の水蒸気の量が異なります。

絶対湿度とは

絶対湿度は容積絶対湿度と重量絶対湿度の2種類があります。

容積絶対湿度は、1立方メートルの空気に含まれる水蒸気の重さでg/㎥と表記します。

重量絶対湿度は、1kgの空気に含まれる水蒸気の重さでkg/kgと表記します。

ここでは容積絶対湿度を中心に説明します。

例えば室温30℃・相対湿度50%の時の絶対湿度は15.16g/㎥になり、室温10℃・相対湿度50%の時の絶対湿度は4.7g/㎥ですので、相対湿度は50%で同じでも空気中に含まれている水蒸気量が異なります。

したがって、相対湿度が高くても温度が低いと絶対湿度が低いため、乾燥を感じることがあります。

湿度は絶対湿度をチェックした方が良い

インフルエンザウィルス対策としては、相対湿度より絶対湿度をチェックした方が良いと言われます。

インフルエンザウイルスの6時間後の生存率は
絶対湿度17g/㎥では 生存なし
絶対湿度11g/㎥では   5%が生存する
絶対湿度  7g/㎥では 20%が生存する
絶対湿度  3g/㎥では 50%が生存するそうです。

ウェザーニュースから提供されているインフルエンザウィルス対策に必要な絶対湿度早見表をご紹介します。



絶対湿度7g/㎥以上となると、室温18℃の時は相対湿度50%以上、室温20℃の時は相対湿度45%以上、室温22℃の時は相対湿度40%以上は必要になります。

ただし、相対湿度が60%以上になるとカビの発生や結露もしやすくなるので注意が必要です。

絶対湿度が表示される温湿度計がオススメ

上で紹介した早見表を毎回チェックするのが面倒だと思う方にオススメの温湿度計を紹介します。


この温湿度計は、絶対湿度だけではなく熱中症指数も表示されるので、私は常に持ち歩いていて、事務所や自宅で温湿度をチェックしてます。

今の外気温は6℃、店内の室温は21.7℃、相対湿度は42%、絶対湿度は8.1g/㎥でした。


amazonで2千数百円で販売してましたので、一家に一台あっても良いと思いますよ。

富士屋不動産にてご契約いただいたお客様には、プレゼントさせて頂きます。

富士屋不動産では板橋区・北区・豊島区を中心に不動産情報を豊富に取り扱っております。

株式会社富士屋不動産
電話:03-5248-6228
お気軽にどうぞ

メールでのお問合せは


LINE@からのご相談も可能です。

友だち追加

インスタ始めました。


≪ 前へ|一戸建てはなぜ寒い?暖かくする方法ありますよ①   記事一覧   親父の手料理②|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 周辺施設検索
  • 板橋区の小学校一覧
  • 豊島区の小学校一覧
  • 北区の小学校一覧
  • 売却
  • 会員バナー
  • 会員登録がお済の方はこちら

  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    会員物件数
    ロード中
  • 山本オススメ物件
  • ブログ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社富士屋不動産
    • 〒173-0005
    • 東京都板橋区仲宿48-10
    • TEL/03-5248-6228
    • FAX/03-5248-6628
    • 東京都知事 (3) 第93007号
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中
  • SSL

    本ページは、SSL技術によって暗号化し、
    入力情報を保護しています。

山本 亮 最新記事



山本 亮

住宅の設計、施工管理、建売用土地仕入れを経験した住宅のプロの目線で、お客様のお住まい探しをお手伝いさせて頂きます。また、10年前に新築一戸建てを購入し、現在はマンションに居住しておりますので、一戸建て・マンションそれぞれの良い点、悪い点など実際に住んでみて分かることなどもお伝えします。 私は代表者ですので、無責任な仕事は致しません!お一人お一人のお客様の為に責任をもって対応させて頂きます。

スタッフ情報を見る

トップへ戻る