富士屋不動産TOP > 株式会社富士屋不動産のブログ記事一覧 > ライフサイクルコスト考えて家探ししてますか?

ライフサイクルコスト考えて家探ししてますか?

≪ 前へ|狭くても全部屋が暖かい家と、広いけど全部屋が寒い家、どっちの家が欲しいですか?   記事一覧   リノベーションで新築建売以上の耐震性能と断熱性能を上げる方法もありかも?|次へ ≫

ライフサイクルコスト考えて家探ししてますか?

カテゴリ:新築住宅購入時のポイント
2022年 1月9日投稿

新築一戸建て、マンションなど終の棲家になるであろう家探し、ローンの返済額、諸費用を気にしている方は多いと思いますが、買った後に掛かるコスト、特に性能差による光熱費の違いを知らないという方が多いのでは?

建売住宅購入後のライフサイクルコストについて説明させて頂きます。

ライフサイクルコスト

上にある氷山のイラスト、海面から出ている部分は最初に掛かるコストで物件購入金額と諸費用になり、この部分は皆さんご理解頂けると思います。

また、不動産会社によっては火災保険料と固定資産税の目安もお知れてくれるかもしれません。

最初にかかるコストも大切ですが、住み始めてからかかる「ランニングコスト」も考えて家を買わないと思わぬ出費で苦労するかもしれませんよ。

「最初にかかるコストが低い家(物件金額は安いけど低性能な家)」と「住み始めてからかかるコストが低い家(物件金額は少し高くても高性能)」、本当にお得な家はどっちだと思いますか?

耐震性能の高い家は地震保険料が割引されます

過去のコラムでも紹介していますが、耐震性能の高い家は地震保険料が割引されます。

具体的には耐震等級2の場合は30%引き、耐震等級3であれば半額になります。

仮に建物価格が1800万円の場合の地震保険料は年間24,750円(東京海上日動火災HPから)、耐震等級3であれば、その半額の12,375円になります。

断熱性能差による光熱費の違い

気象庁データベースを使用して暖房をつける冬期間(11月~4月)の電気代を計算してみました。


練馬観測所の2013年~2020年の月別の平均気温を調べてみると、1月:4.8℃、2月:5.8℃、3月10℃、4月14.4℃、11月:12.4℃、12月:7.1℃で、これを平均すると9.0℃になります。

気象庁データベース 練馬観測所


6か月間の平均気温9℃、建物外皮面積(壁、窓、屋根、床など外気に接する場所の面積)300㎡、エアコン設定23℃で1日8時間稼働した時の暖房費を断熱性能別に計算してみます。


❶高断熱住宅であるZEH基準のUa値は0.60W/㎡K

❷建売では高断熱といってよい断熱等級4でUa値は0.87 W/㎡K

❸最近販売されていた断熱等級4未満の家でUa値1.04 W/㎡K




電気代が27円(kWh)の時の6か月間の暖房費は

❶3628kWh×27円(kWh)=97,956円(月額平均16,326円)

❷5261 kWh×27円(kWh)=142,047円(月額平均23,674円)

❸6289 kWh×27円(kWh)=169,803円(月額平均28,300円)

になりました。


❶のZEH基準で建てた家と❷の断熱等級4で建てた家との差額は44,091円(月額平均7,348円)、❸の一般住宅との差額は71,847円(月額平均11,974円)になります。

❷の断熱等級4で建てた家と❸の一般住宅との差額は27,756円(月額平均4,626円)と、こちらも大きな節約になりそうです。


尚、この性能の家では全館空調のような建物全体を暖めることは少なく、各部屋で間欠運転を行うと思われますので、おおよその目安としてお考え下さい。


メンテナンス時期と費用

こちらも詳細は過去のコラムと併せてご覧頂きたいのですが、建物のメンテナンス時期は一般的に10年~15年に一度になります。


お子様が小学校に入る前に家を買いたいという方が多くいらっしゃいますが、小学校に上がる前に家を買った場合、お子様の進学時期と重なります。


お子様が小学校へ上がるタイミングで家を買った場合、建物のメンテナンスが必要な時期とお子様の高校入学若しくは大学進学と重なりますので、教育資金以外にメンテナンス費用を計画的に貯蓄する必要があります。


メンテナンス費用は築10年~15年の間に約240万円、35年間で約480万円ほどになります。


教育資金にしかお金が廻らないからメンテナンスを先延ばしすると、建物の劣化が早まります。


まとめ

家買うとき、外観や内装がオシャレ、設備もハイグレード、リビングに吹き抜けがあって開放感がある!などなど目に見えるポイントに目が向いてしまいがちですが、建物の性能もとても重要だと分かって頂けましたでしょうか。


住宅は家電製品や車などと違ってスペックが統一されていない為、どうしても見た目で判断しがちになりますが、買おうとしている家の性能に目を向けてみませんか?


高級感のある設備が入った家と、命を守る耐震性と健康寿命を延ばす断熱性能の高い家、どちらの資産価値が高いと思いますか?

また、不動産会社の営業スタッフは建築のプロではありませんし、もっといえば宅地建物取引士の免許すらない不動産のプロでもないかもしれません。

営業スタッフは不動産、建築の知識はない方が、成績が良かったりします。

高性能な建売住宅ってかなり少ないのが現状ですので、高性能な家を知ってしまうと販売できる家が少なくなってしまうからです。

購入者:この家、地震が来ても大丈夫ですか?
営業スタッフ:国の耐震基準を守っている家だから大丈夫ですよ~
今日も日本のどこかでやり取りされているであろう購入者と営業スタッフとの会話です。

弊社のコラムの読者様であれば、大丈夫ですよ~と一言で片づけてしまう営業スタッフからは家を買わないですよね。

安全、安心で快適な家を買うなら、購入者自身が家の性能を理解したうえで、どこの不動産会社へ家探しを依頼するかが重要です。

弊社のコラムで購入前に見ておきたいポイントと注意点を纏めています。

それでも不安でしたら弊社へご相談下さい。

きっとあなたのお役に立てると思います。



板橋区・北区・豊島区で不動産をお探しなら、ぜひ富士屋不動産へお任せください。

建売住宅の内覧時に見ておきたいポイントと注意点


併せて読んでほしいシリーズ

「断熱性能のお話し」シリーズ

富士屋不動産では板橋区・北区・豊島区を中心に不動産情報を豊富に取り扱っております。
板橋区・北区・豊島区で一戸建て、マンションをお探しなら、ぜひご相談下さい。

株式会社富士屋不動産
電話:03-5248-6228
お気軽にどうぞ

メールでのお問合せは


LINE@からのご相談も可能です。

友だち追加

インスタ始めました。


≪ 前へ|狭くても全部屋が暖かい家と、広いけど全部屋が寒い家、どっちの家が欲しいですか?   記事一覧   リノベーションで新築建売以上の耐震性能と断熱性能を上げる方法もありかも?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 周辺施設検索
  • 板橋区の小学校一覧
  • 豊島区の小学校一覧
  • 北区の小学校一覧
  • 売却
  • 会員バナー
  • 会員登録がお済の方はこちら

  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    会員物件数
    ロード中
  • 山本オススメ物件
  • ブログ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社富士屋不動産
    • 〒173-0005
    • 東京都板橋区仲宿48-10
    • TEL/03-5248-6228
    • FAX/03-5248-6628
    • 東京都知事 (3) 第93007号
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中
  • SSL

    本ページは、SSL技術によって暗号化し、
    入力情報を保護しています。

山本 亮 最新記事



山本 亮

住宅の設計、施工管理、建売用土地仕入れを経験した住宅のプロの目線で、お客様のお住まい探しをお手伝いさせて頂きます。また、10年前に新築一戸建てを購入し、現在はマンションに居住しておりますので、一戸建て・マンションそれぞれの良い点、悪い点など実際に住んでみて分かることなどもお伝えします。 私は代表者ですので、無責任な仕事は致しません!お一人お一人のお客様の為に責任をもって対応させて頂きます。

スタッフ情報を見る

トップへ戻る