富士屋不動産TOP > 株式会社富士屋不動産のブログ記事一覧 > 建売住宅の購入時に見ておきたいポイントと注意点①外壁について

建売住宅の購入時に見ておきたいポイントと注意点①外壁について

≪ 前へ|お客様の笑顔がうれしい♪   記事一覧   「ご売却依頼の最前線」~リフォーム実施編①~|次へ ≫

建売住宅の購入時に見ておきたいポイントと注意点①外壁について

カテゴリ:新築住宅購入時のポイント
2019年10月14日投稿
2020年 6月19日更新

購入時に見ておきたいポイント①

建売住宅を購入する前に確認して欲しい注意点とポイントについて、数回に分けて書きたいと思います。
一般的にお伝えされているものではなく、少しマニアックなところの説明です。
建売住宅なんてどれも一緒でしょ!と思われているお客様、それは大きな間違いです。35年もの長期ローンを組んで後悔したくない方、いい家を買いたい、安心して住みたいと思われる方は、ぜひ富士屋不動産へご相談下さい。


外壁の主流になったサイディング

数十年前の建売住宅はモルタルに吹付塗装を施した外壁やタイル貼りなどの湿式工法が多くありましたが、最近の建売住宅でサイディングというボードを貼るタイプの外壁が一般的になっています。


私が設計業務を行っていた二十数年前は吹付やタイル貼りの物件ばかりで、サイディング工法を採用している物件は、都内では少なく郊外の物件に使用されていたイメージです。

しかし、十数年前よりデザイン豊富で、オシャレなラインナップが増えたこと、施工性やメンテナンス性の高さなどの理由から都心部の建売住宅でもサイディング工法を採用した住宅が多くなりました。

サイディングの種類

サイディングも窯業系・金属系・木質系などがあり、昨今よく使われている窯業系もボードの厚さの違いで高級感のあるものや光触媒でコーティングあるいは雨水で汚れを落とす親水コーティングされたものまで種類が豊富になっています。

現在のサイディングの厚みは最低14㎜のものになりますが、14㎜は釘留め、16㎜以上のものは専用の金具で留めているのが一般的です。当然、厚みのあるサイディング、親水コーティングや光触媒コーティングされた外壁材の方が値段は上がります。

メンテナンスや色落ちなどを考慮すると光触媒が施されている外壁材がオススメですが、外壁のデザイン性より耐震性を重視する売主、工務店もありますので、お客様がどの点を重視して物件を選ぶかによるかもしれませんね。

尚、14㎜か16㎜かは釘留めか専用金具かである程度判断ができますが、親水コーティング、光触媒コーティングは見た目だけでは分かりませんので、仲介不動産会社や売主へ確認してみて下さい。

必ずしも16㎜以上の厚みやコーティングされたものでないとオススメしないということではありませんが、釘留めの場合、数年後にひび割れや釘頭の劣化により見た目が悪くなります。

また、塗装などメンテナンスが必要になる時期が早くなることもあります。

シーリング目地のない四方合いじゃくり

サイディングパネルの継ぎ目が目立ちにくい四方合いじゃくりというものもあります。

こちらはシーリング目地が入らないため、一体感のある壁面を演出できること、シーリングの劣化がなくメンテナンス性に優れています。

メンテナンス性を考えるとオススメの商品ですが、価格が上がることもあり建売住宅では殆ど取り扱いはしていないのですが、稀に見かけることがあります。

過去にご契約した新築一戸建てで、四方あいじゃくり、サイディングプレカットを採用した物件がありました。

コーナー(かど)部分は通常のシーリング仕様でしたが、正面の一部には四方合いじゃくり工法を採用しておりました。

稀にモルタル吹き付け工法の採用も

以前は主流であったモルタル吹き付けを採用している建売住宅も、稀にですが、見ることがあります。

道路面のみ吹付でその他はサイディングを張っている物件もあります。

モルタル吹付工法も通気層を確保し、壁内の結露防止や二重の雨水対策を行っている物件もあります。
上は防水紙の上に通気胴縁を打ったものです。

通気胴縁の上に通気ラスというモルタル下地材を張ったうえでモルタル左官工事に入ります。

モルタルを塗った写真です。

モルタル吹付工法は手間が掛かりますので、見かけることは少ないですが、一部こだわりのある分譲会社さんで採用しております。

まとめ

各売主により外壁材などのデザインにコストを掛ける会社、耐震性能や省エネ性能にコストを掛ける会社など様々ですので、その特徴を把握してお客様のお住まい選びにおいてどのポイントを重視されるかの選定が大切だと考えます。

先ずはお客様のお住まい探しにおいての優先順位を決めましょう。

建売住宅の内覧時に見ておきたいポイントと注意点

第十五回・・・「ホントに怖い!!壁の中の結露について②」


「断熱性能のお話し」シリーズ


富士屋不動産では板橋区・北区・豊島区を中心に不動産情報を豊富に取り扱っております。
板橋区・北区・豊島区で一戸建て、マンションをお探しなら、ぜひご相談下さい。
こちらのブログをご覧頂いているお客様へ、ご家族様、ご友人様など、お住まい探しをされている方をご紹介下さい。

株式会社富士屋不動産
電話:03-5248-6228
お気軽にどうぞ

メールでのご相談はこちら

LINE@からのご相談も可能です。
友だち追加


≪ 前へ|お客様の笑顔がうれしい♪   記事一覧   「ご売却依頼の最前線」~リフォーム実施編①~|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 周辺施設検索
  • 板橋区の小学校一覧
  • 豊島区の小学校一覧
  • 北区の小学校一覧
  • 売却
  • 会員バナー
  • 会員登録がお済の方はこちら

  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    会員物件数
    ロード中
  • 山本オススメ物件
  • ブログ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社富士屋不動産
    • 〒173-0005
    • 東京都板橋区仲宿48-10
    • TEL/03-5248-6228
    • FAX/03-5248-6628
    • 東京都知事 (3) 第93007号
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中
  • SSL

    本ページは、SSL技術によって暗号化し、
    入力情報を保護しています。

山本 亮 最新記事



山本 亮

住宅の設計、施工管理、建売用土地仕入れを経験した住宅のプロの目線で、お客様のお住まい探しをお手伝いさせて頂きます。また、10年前に新築一戸建てを購入し、現在はマンションに居住しておりますので、一戸建て・マンションそれぞれの良い点、悪い点など実際に住んでみて分かることなどもお伝えします。 私は代表者ですので、無責任な仕事は致しません!お一人お一人のお客様の為に責任をもって対応させて頂きます。

スタッフ情報を見る

トップへ戻る