富士屋不動産TOP > 株式会社富士屋不動産のブログ記事一覧 > 我が家の断熱性能はどの位か知っていますか?

我が家の断熱性能はどの位か知っていますか?

≪ 前へ|2月28日 富士屋の日、第11期の期末です。   記事一覧   火災保険料が10月から値上げへ|次へ ≫

我が家の断熱性能はどの位か知っていますか?

カテゴリ:お役立ち情報
2022年3月7日投稿

最近、リクシルやYKK APの窓についてのCMを見る機会が増えたと思いませんか?

リクシルは、本木雅弘さんが「暖房で暖めた熱は、大部分、窓から逃げてしまっているんです」、「断熱効果を高め、省エネに」というセリフ。

YKK APは、福士蒼汰さんが、「厚手の靴下を履くことがなくなるほど、暖かく快適な窓辺に」というセリフ。

過日のコラムでもお伝えしておりますが、暑さ・寒さの原因は窓による影響が大きいので、窓の性能を上げることは、快適で健康的に暮らすために重要であることが分かります。

もちろん省エネで家計の負担も少なくなります。

では、今現在、皆さんがお住まいの家の省エネ性能はどの位かというと、約7割でほぼ無断熱のスカスカの家になります。

住宅ストックの断熱性能

また、平成11年(1999年)にできた断熱等級4を満たしている家は、約1割しかありません。

ということは、一戸建てに住まわれている殆どの方が、暖かい一戸建てに住んだことがない、もっと言えば、そんな家があることすら知らないでしょうね。

省エネ性能を知ることが出来る指標の一つである「断熱等性能等級」、現在の最高ランクは等級4になりますが、今年の4月から断熱等性能等級5が新設され、10月には等級6、7もできる予定です。

令和7年(2025年)に断熱等級4を義務化する流れになっていますが、それでもまだ3年先になります。

今、あなたが買おうとしている建売住宅は、3年先には建てることが出来なくなる性能の家かもしれませんね。

しかも、断熱等級4の家が、夏涼しく、冬暖かく過ごせるかというと疑問の残るレベルですので、出来る限り性能の良い家を見つけることが重要です。

じゃあ、性能の高い建売住宅なんてあるのか?ということになりますが、ごく稀に販売されていることもありますので、諦めずに探してみてください。





板橋区・北区・豊島区で不動産をお探しなら、ぜひ富士屋不動産へお任せください。

建売住宅の内覧時に見ておきたいポイントと注意点


併せて読んでほしいシリーズ

「断熱性能のお話し」シリーズ

富士屋不動産では板橋区・北区・豊島区を中心に不動産情報を豊富に取り扱っております。
板橋区・北区・豊島区で一戸建て、マンションをお探しなら、ぜひご相談下さい。

株式会社富士屋不動産
電話:03-5248-6228
お気軽にどうぞ

メールでのお問合せは


LINE@からのご相談も可能です。

友だち追加

インスタ始めました。


≪ 前へ|2月28日 富士屋の日、第11期の期末です。   記事一覧   火災保険料が10月から値上げへ|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 周辺施設検索
  • 板橋区の小学校一覧
  • 豊島区の小学校一覧
  • 北区の小学校一覧
  • 売却
  • 会員バナー
  • 会員登録がお済の方はこちら

  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    会員物件数
    ロード中
  • 山本オススメ物件
  • ブログ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社富士屋不動産
    • 〒173-0005
    • 東京都板橋区仲宿48-10
    • TEL/03-5248-6228
    • FAX/03-5248-6628
    • 東京都知事 (3) 第93007号
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中
  • SSL

    本ページは、SSL技術によって暗号化し、
    入力情報を保護しています。

山本 亮 最新記事



山本 亮

住宅の設計、施工管理、建売用土地仕入れを経験した住宅のプロの目線で、お客様のお住まい探しをお手伝いさせて頂きます。また、10年前に新築一戸建てを購入し、現在はマンションに居住しておりますので、一戸建て・マンションそれぞれの良い点、悪い点など実際に住んでみて分かることなどもお伝えします。 私は代表者ですので、無責任な仕事は致しません!お一人お一人のお客様の為に責任をもって対応させて頂きます。

スタッフ情報を見る

トップへ戻る