富士屋不動産TOP > 株式会社富士屋不動産のブログ記事一覧 > NHKスペシャル 新・ハザードマップ、浸水リスクの高いエリアで人口が増えている

NHKスペシャル 新・ハザードマップ、浸水リスクの高いエリアで人口が増えている

≪ 前へ|中古マンションの見学時に見ておきたいポイントと注意点②   記事一覧   住宅の修繕費がこの10年で2割上昇しているそうです。メンテがしやすく長持ちする家を買うために見ておきたいポイント|次へ ≫

NHKスペシャル 新・ハザードマップ、浸水リスクの高いエリアで人口が増えている

カテゴリ:山本のブログ

気象庁は関東地方で梅雨入りを発表しましたが、梅雨時期に合わせて、昨日、NHKスペシャル「新・ハザードマップ」が放送されました。

見逃したという方は6月9日(木)午前1:15から再放送されるそうですよ。

また、NHKと受信契約されている方は、無料でPCやスマホで見ることもできます。

放送では、NHKが開発した全国のハザードマップを見ることができる「全国ハザードマップ」を紹介してましたのでリンクを貼っておきます。

NHK 全国ハザードマップ

※クリック、タップでリンク先が開きます。

上記ハザードマップは土砂災害についても記載されていますが、洪水、土砂災害ともに「重ねるハザードマップ」の方が使いやすいかなと思います。

「重ねるハザードマップ」と「全国ハザードマップ」とで板橋区を表示してみると、「重ねるハザードマップ」の方がより詳細な情報が表示されています。

板橋区 重ねるハザードマップ 

重ねるハザードマップ 板橋区周辺

※クリック、タップで拡大します。


板橋区 全国ハザードマップ

全国ハザードマップ 板橋区周辺

※クリック、タップで拡大します。


放送では、令和2年7月に発生した熊本豪雨で従来のハザードマップでは浸水深最大3mの想定だった場所が4mまで浸水したと伝えており、これまでの対策が通用しない大雨の脅威を伝えていました。

浸水リスクの高い地域で人口が増えている

過去のコラムでも書きましたが、浸水リスクの高い地域で人口が増加しているのですが、特に興味深かったのは、浸水想定3m以上の地域で人口が増えている埼玉県幸手市の紹介でした。

幸手市以外でも2000年の都市計画法改正以降、元々人が住んでいなかった市街化調整区域で宅地開発が進み、大幅に人口が増えているそうです。

特集記事によると、浸水想定が3m以上の場所には日本全国で約1,300万人もの人が住んでいるそうで、1995年から2015年までの20年間で約38万人も増えているそうです。

浸水想定3m以上となると2階の床ほどの高さですので、平屋の場合であれば、家にいたら助かりません。

また、幸手市の市街化調整区域で、浸水リスクの高いエリアに住む方を対象とした【住宅購入時にハザードマップを確認ましたか】というアンケートでは、「はい(確認した)」は43.7%、「いいえ(確認していない)」は52.1%」とハザードマップを確認せずに購入された方が多くいました。

つづいて【住宅購入時に何を重視したか】というアンケートでは「広さ・間取り」、「立地の利便性」、「価格」の3つを選ばれた方が多くいました。

まさか自分が被害を受けるとは思っていない

水害で被害を受けた方を取材した記者によると、多くの方が「まさか自分が水害で被害を受けるとは思わなかった」という人が多くいたそうです。

放送内でもありましたが、市街化調整区域は購入者からすると広い家を安く買える、自治体は人口が増えれば税収が増える、開発事業者は売れれば利益がでると、それぞれのメリットを伝えていましたが、本当にそれで良いのでしょうか。

江戸川区水害ハザードマップを監修した東京大学大学院 片田特任教授の日経アーキテクチュア「私たちはいつまで危険な場所に住み続けるのか」でのインタビューが印象に残っているのでご紹介します。
災害時に「役所が明確な避難指示を出さないから逃げない」という人は、目前に危機が迫った瞬間に役所のせいにして死ぬことに後悔はないのでしょうか。~

万一、災害が起きた時に被害を受けるのは、自治体ではなく開発事業者でもない、購入者だけです。

災害など想定外のことが起きた後になって、不動産会社から何も聞いていない、建築会社からも聞いていないと言ったところで元には戻りません。

水害リスクの高いエリアは地盤も弱い

水害リスクの高いエリアは、低地が多いので地盤も悪い可能性が高く、地震時の揺れや液状化のリスクもあります。

富士屋不動産では災害リスクだけではなく、建物そのものの耐震性、断熱性、耐久性など様々な視点でお住まい探しのお手伝いをしますが、全ての不動産会社がそこまでの対応をしてくれることは少ないでしょう。

ご自身が学んで知識を得ることが大切だと考えます。

その上で、どの不動産会社、建築会社に任せるのか決めれば、きっと良い家を買う、建てることができるでしょう。




建売住宅の内覧時に見ておきたいポイントと注意点


併せて読んでほしいシリーズ

「断熱性能のお話し」シリーズ

富士屋不動産では板橋区・北区・豊島区を中心に不動産情報を豊富に取り扱っております。
板橋区・北区・豊島区で一戸建て、マンションをお探しなら、ぜひご相談下さい。

株式会社富士屋不動産
電話:03-5248-6228
お気軽にどうぞ

メールでのお問合せは


LINE@からのご相談も可能です。

友だち追加

インスタ始めました。


≪ 前へ|中古マンションの見学時に見ておきたいポイントと注意点②   記事一覧   住宅の修繕費がこの10年で2割上昇しているそうです。メンテがしやすく長持ちする家を買うために見ておきたいポイント|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 周辺施設検索
  • 板橋区の小学校一覧
  • 豊島区の小学校一覧
  • 北区の小学校一覧
  • 売却
  • 会員バナー
  • 会員登録がお済の方はこちら

  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    会員物件数
    ロード中
  • 山本オススメ物件
  • ブログ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社富士屋不動産
    • 〒173-0005
    • 東京都板橋区仲宿48-10
    • TEL/03-5248-6228
    • FAX/03-5248-6628
    • 東京都知事 (3) 第93007号
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中
  • SSL

    本ページは、SSL技術によって暗号化し、
    入力情報を保護しています。

山本 亮 最新記事



山本 亮

住宅の設計、施工管理、建売用土地仕入れを経験した住宅のプロの目線で、お客様のお住まい探しをお手伝いさせて頂きます。また、10年前に新築一戸建てを購入し、現在はマンションに居住しておりますので、一戸建て・マンションそれぞれの良い点、悪い点など実際に住んでみて分かることなどもお伝えします。 私は代表者ですので、無責任な仕事は致しません!お一人お一人のお客様の為に責任をもって対応させて頂きます。

スタッフ情報を見る

トップへ戻る